【朗報】日本の研究グループが月面での都市建設の可能性を発見

【朗報】日本の研究グループが月面での都市建設の可能性を発見

1 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

日本放射線研究所の小平聡研究員は、月にある溶岩チューブのような地下空洞には、人が長期滞在活動を行うことができる月面基地だけでなく、都市を建設することができるとの研究結果を発表した。

小平聡氏は、月内部での火成活動によって形成された縦孔をテーマに、この空洞を利用して宇宙放射線による被ばくおよび小惑星から防護する可能性を探る研究グループのメンバーの一人として活動している。
「最近行われた観測で、月表面の放射線量は国際宇宙ステーションよりも高いことが分かった。これは人間のみならず、機材にも悪影響を及ぼすものであり、人が長期活動を行う際の障壁となる、あるいは場合によっては不可能にするものではないか」と研究者は述べている。
一方で、小平氏は、この問題を解決するのを助けてくれるのがこの空洞だと指摘し、「この縦孔は、放射線や小惑星から防護してくれるのみならず、安定した温度を維持することもできる」と述べている。しかもこれらの空洞は幅100メートル、深さ50メートルという大きさであり、十分に快適なスペースが取れることが指摘されている。

また小平氏は、日本は、地球から月面に燃料を輸送する手間や費用を減らすため、2035年までに月面燃料工場を建設する計画だと言明している。この燃料工場実現に向けても、月の空洞が防護的役割を果たす可能性が期待される。

しかしソースはスプートニク
https://jp.sputniknews.com/science/202010087833025/

3 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

ロマンだねぇ

11 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

できうるなら
地に足のついた政治を

12 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

月の土地って大半は買われてたんじゃなかったっけ
勝手に使ったら土地の権利者から怒られるのでは

13 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

まず打ち上げるロケットがねーだろうが。
H-3も話にならん。

16 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

ガンダム作るのに良さそうな場所だな

17 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

デカいドーム見つけたのか

18 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

こんなクソみたいなことにまさか税金使ってないよな

27 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

俺は地球でいいや

34 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

まぁ夢や妄想は自由さ

35 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

1万人規模のスペースコロニーと月面基地、どちらが実現早いだろ?

37 :風吹けばねたーる人:2020/10/08(木)

>>35
月面だろうな。エアドーム型ならすぐ出来そうだし。現地の砂を材料にして3Dプリンタでレンガ造るとかいう案もある。
コロニーは材料を打ち上げるだけでも大変

Reference:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1602144478/

『【朗報】日本の研究グループが月面での都市建設の可能性を発見』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2020/10/12(月) 19:05:30 ID:17c698428 返信

    ロケットは軍事活動につながるから研究をやめろと一部組織のみなさんがw

トップへ戻る