【証明】よく悪口を言う人ほど「不幸になる」科学的根拠 楽しいのは一瞬だけ

【証明】よく悪口を言う人ほど「不幸になる」科学的根拠 楽しいのは一瞬だけ

1:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

(抜粋)

一方で、悪口が好きな人はなぜそれをやめられないか?それは「悪口は依存症である」と考えると、非常に腑に落ちます。

誰かの悪口を言うと、やる気や快楽に関与するホルモン「ドーパミン」が放出されます。
ドーパミンが出ると楽しい気分になります。だから、悪口を言うことは基本的に楽しいことなのです。

しかし、ドーパミンはよくばりな脳内物質でもあり、一度放出されると「より大きな刺激」を求めるようになります。
つまり、悪口の回数を増やしたり、より過激な悪口を言わないと、新たにドーパミンが出ず、楽しい気分になれなくなってしまうのです。

結果、悪口を言うことが癖になって、なかなかそれを改善しづらい状態に陥ります。悪口を言えば言うほど深みにはまってしまう。
これはアルコール依存症や、薬物依存症と同じ原理です。かくして「悪口は依存症」と言っても、遜色ないのです。

多くの人は、悪口は「ストレス発散になる」と思っているでしょうが、実際は逆です。
悪口はストレスを増やします。最悪の場合、脳を傷つけ、寿命を縮める危険性もあります。

東フィンランド大学の研究によると、世間や他人に対する皮肉・批判度の高い人は認知症のリスクが3倍、死亡率が1.4倍も高い結果となりました。
批判的な傾向が高ければ高いほど、死亡率は高まる傾向にあったそうです。

また、悪口を言うと、ストレスホルモンであるコルチゾールが分泌されます。
コルチゾールというのは、ストレスを感じたときに放出されるホルモン。
先ほどドーパミンが放出されると言ったので快楽を得ていると思いきや、悪口を言っているときは同時にストレスも感じているのです。

https://toyokeizai.net/articles/-/366140

326:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

>>1
ほぼ内容は正しいですね。ただ視点が悪口に偏り過ぎている。
快不快の脳内物質が脳回路を作り行動原理を作るという事。
不幸になる理由は簡単で反社会行動だから疎外されるというだけ。

366:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

>>1
イジメもこの心理

2:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

人を呪わばお互い様

6:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

こういう魔界人は常にストレス溜まってるからやろ

通常に人間なら吐き出すことは発散になるよ
カタルシス効果っていうだろ

10:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

お前らもえげつないレスとか控えろよ。
一瞬の快楽の後に残るのは不快感と反撃のレスの応酬、リスクが残るだけといいことはないぞ

52:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

>>10
バランスじゃね
ほんわかなレスもするし

11:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

嫌いな物が少ないほど、好きなものが多いほど人生は楽しい

12:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

陰口たたきまくるから、よほど嫌いなのかと思いきや、笑顔でお喋り出来るからな、女は

275:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

>>12
いるね。満面の笑みを浮かべながら近づいてくるけど、目的は相手を陥れる為の情報収集だったり、交遊関係に入り込む為だったり。その裏で孤立させる為に周囲に悪口を吹き込んだりして工作する女。

382:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

>>12
男もやんけ

15:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

一番不幸なのは悪口言われっ放しで我慢してる奴

27:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

悪口を言うと魂が腐る、陰口を叩くと口が腐る、と脅されて育ってきた
いまではもう生理的にダメな身体になってしまった
無理に言おうとすると吐き気を催す

28:風吹けばねたーる人:2020/08/16(日)

早く言えよー
悪口ばっかり言ってたぜ

Reference:http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1597554544/

トップへ戻る