【マジか】同人誌が「紙媒体」な理由に驚愕!文化的風習ではなく法的根拠があるらしいぞ!!

Embed from Getty Images

皆さんは同人誌を売り買いした経験はあるでしょうか?インターネットの時代であるにもかかわらず、今もなお同人誌を作るには印刷費、買うには遠征費や参加費がかかります。

しかし、このアナログすぎる風習には実は理由がありました。同人界隈の方々により語られたアナログであり続ける理由が話題となっています。

あなたはご存知でしたか?

同人誌はデータじゃダメなの?

同人誌について、ある経営コンサル思考の人が抱いているという考え▼

「新刊データ200¥じゃダメか?なんで?」

「遠征費・印刷費無し。物理在庫無し。管理の手間無し」

「買う側はDL数秒で入手困難とかも無くなる」

市場をデジタル化することで売り手は印刷費、在庫管理費、人件費から解放され、事実上在庫切れの心配もなくなることに。まさに売り手・買い手ともにWin-Winの関係ですが、なぜかこれまで実現されてこなかったデジタル化。

今までこれらが実現できなかった理由があるのでしょうか?

同人誌が「紙媒体」であり続ける理由

このツイートに対して、引用RTで意見を述べた同人界隈の方のツイートがさらに話題に▼

【要約】

・同人誌はオリジナル作品の二次創作である以上、「ファン活動の一環」という建前からは(法的に)出られない

・売り手は、本体価格を事実上「印刷費へのカンパ」として客から受け取っている

→すなわち、本体価格は事実上0円ということに

【要約】

・同人業界が存続していけるのは版権元からのお目こぼしをいただいているから

・印刷費という「建前」のプロセスを排除しデータ化すると、お目こぼしがされなくなり、法的にアウト=逮捕される可能性がある



「感情論ではない」▼

ただしこれらは明確な法規として定められているものではなく、あくまでも同人業界というグレーゾーンを守っている不文律をあえて言語化したもの。リプライ欄には反論もちらほらと見受けられました。

<ネットの反応>

・二次創作としての同人はそうですね。
本来の意味でいう同人誌(文芸同人などのオリジナル)は
もう紙から離れてもいいのかも知れません。

・それなー。たとえ「建前」ではあるにしても
そこは疎かにしたらアカンとこだと思ってます

・少なくとも即売会とかに参加するのを夢とか目標に
活動を始める人もいるとは思う
僕もそれで東方が好きで活動してるけど、機材とか揃えば
いつか例大祭に参加したいって夢?かな、そんなのをずっと持ってる
便利になるのはいいけど、だからって即売会もデータでパッとできるようにするのは違う気がする

・公式も「建前」だと理解している以上、
「紙媒体なら暗黙の了解で守られる」的な効力は無いのでは。
普通に【ファン活動なのを理解しているから、
公式に影響のない頒布物は黙認してあげている】というだけで、紙媒体ならOK/電子はNGというのは二次著作側の気休めでしか無いかと。

・DLSITEには版権二次創作モノ溢れかえってるんだよなぁ…

・訴えられたら紙でも完全アウトなんだけど、そのへんわかってない人多そう。

著作権としては、紙ですら「完全にアウト」という正論もありました。コミケなど同人誌即売会の経済効果は、国からのお目こぼしをもらうには十分な免罪符となりうることが想像できます。ですが、不文律と共通認識、慣習に守られたナイーブな文化であるということを、関係者各位は自覚している必要があるのかもしれません。

トップへ戻る