アメリカの空中に突如現れた”線画”。危険だけど見入ってしまうアートの正体は?

アートは美術館に行かなければ楽しめない、ということではない。街中の落書きもそうであるように、よく見ればいたるところにアートは存在している。

そしてそれは、地上に限られたものではないようだ。

ワイヤーを使った空中アート

地上だけではない…どういうことだ?と思う人は少なくないだろう。空中に絵を描くなんてできるはずがない。でも「描く」ことができなくても、アートは生み出すことができる。

こちらの写真を見ていただければ、その意味がわかるはずだ。

なるほど、電線に引っ掛けるわけか

電線に引っ掛けるタイプ

これはリード・ビーモアという名前で活動するアーティストの作品。2014年頃からアメリカのボルチモアという都市の、電線信号機の近くにワイヤーアートを吊り下げ始めた。

ワイヤーで人や動物を再現できる技術もさることながら、吊り下げるという特徴を上手く利用しているのも見どころだ。

こちらはナマケモノのワイヤーアート。

確かにすごいアートなのは間違いない。でも…おそらく読者の皆さんが思っていることは、これ危なくない??ということだろう。

信号や電線に吊り下げられているということは、それを見るためには目線を上げる必要がある。運転中にじっと見てしまい事故に…ということも起きかねない。

恐らく、安全性の観点から、日本で似たものを作るのは不可能だろう。

このアートがあるボルチモアはストリートアートに寛容な都市で、リードさんが逮捕されるということはなさそうだ。こういったところも日本とは異なるところだ。

このワイヤーアートを見てみたい人は、どうやらボルチモアを訪れる必要がありそうだ。

…著作権的な観点からも、やはり日本では難しいか…?

(参照元:Instagram、THE BALTIMORE SUN12Theodore Carter

トップへ戻る