イラスト代金を値切る客に「ご自分でどうぞ」→返ってきた答えがヤバイwwwwwwwwww

うだま裏アカ (@udama1212ura)さんが紹介した、『絵の仕事をしている夫とクライアントとのやり取り』が、以前話題となりました。

新規の顧客に、絵を描いているところを見せたところ…
udama1_r

udama2_r

udama3_r

udama4_r

辻褄が全く合ってないし(´;ω;`)
ちなみに、画家のピカソにも、創作物の対価についての逸話があります。

ある日、街で出会ったファンから「これに絵を描いてください」と頼まれたピカソ。快く引き受け、ものの30秒で見事な絵を描いてみせると、「100万ドル(約1億円)になります」と、その絵を差し出しました。

え?たったこれだけなのに?と、驚いたファンへのピカソの言葉は、

「この絵に費やした時間は、30年と30秒です」

職人さんが頼んだ仕事を簡単にこなしていたとしても、それは、その技術を習得するために長い時間やお金を投資した結果。

単純に使った時間だけを見て報酬を決めるというのは、馬鹿げた話です。

<Twitterの反応>

・世界のクライアントに伝えていきたい。

・通訳の仕事も似たような感じ。流暢に話せれば通訳出来るぐらいの認識。技術の習得には時間とお金がかかっているのに。
翻訳なんて報酬を時間で換算されたら、上手い人ほど早く仕上がるから単価が下がる。

・技術職あるある。

・落語とかでありそう

・モノを生み出す事はこうゆう事。“今”に行き着くまでの努力や時間、お金は膨大なのですよ。そしてゴールがないからこれからも。

トップへ戻る