【なぜ?】「3.9+5.1=9.0」が減点される→世界的数学者の見解はいかに?!

以前、「3.9+5.1」の数式について、とある小学生が答えに「9.0」と記したところ、小数点以下のゼロを消していないとして教師から減点を受けたというツイートが話題を呼びました。

そして先日、TBS系列のバラエティ番組『林先生の初耳学!』の中で、世界的数学者である京都大学高等研究院特別教授・森重文先生が、この問題についてコメント。

果たして先生の見解は…Impressions (@TVMainly)さんが紹介してくださいました。

c0hou68vqaagqxv c0hou7fuqaakjay

c0hou8cukaay7mo c0hou6buqaazrvk

森先生いわく、『「できるだけ簡潔に答えよ」との条件が明示されていれば別だが、そうでなければ減点は適切ではない』とのこと。

論理性を重んじる数学者らしい意見に、インタビュアーを務めていた林修先生も、納得の表情を浮かべます。

さらにこの企画では、同様に「立体の体積を求める問題で、公式通りに数字を書かなかったために減点された」というケースについても言及し…

お二方は、「どの順番でかけても体積は変わらない、ということを伝える方が大事」であるため、同じく減点は不適切だとの結論に達しました。

『【なぜ?】「3.9+5.1=9.0」が減点される→世界的数学者の見解はいかに?!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/07/22(月) 08:40:43 ID:4db2cf241 返信

    交換法則が成り立つかどうかはガロア理論にも通じる極めて大事な考え方。この学校教師は算数や数学を教える資格はない。

トップへ戻る