【閲覧注意】人身事故のとき、関係者はどんな作業をしている?鉄道職員のツイートが衝撃的

しなの鉄道株式会社にて軌道(主に線路の保全業務を行う部門)を担当する方が運営している、しなの鉄道(非公式) (@shinanorailway_)のアカウント。

そこに投稿された、「人身事故が発生した時、鉄道会社側はどのような作業をしているのか」を説明するツイートをご紹介します。

※事故現場等の描写も含まれますので、苦手な方はご注意ください。

personal-injury_eye_r2

1. 「防護無線」を発砲

2. 救急と警察の手配

3. 休日・夜間は休みの人を呼び出すことも…(閲覧注意)

生々しい内容です。

4. 生死の判定

5. 救出→現場検証(夜間は苦戦)

6. 精神的打撃を受けた上、プライベートを削られる運転士

7. まだ仕事は山積(閲覧注意)

8. 途方もない混乱

9. いつダイヤが正常化するか、誰にもわからない

休日出勤を強制される社員もいる、昼間と夜間でまったく対応のしやすさが変わってくる、死亡判定で消防が引き上げる、プライベートを削られる運転士など…

我々の知らないことだらけで衝撃的な内容でした。人身事故への対応が迅速になりつつある今日ではありますが、それでも現場では、想像を絶するほどの混乱と理不尽が発生していることがこの一連のツイートから読み取れます。

この方の想いが鉄道会社の総意であるならば、一人でも多くの利用者にこの声が届くことを願わずにはいられません。

トップへ戻る