【画像】新一万円札をプロのデザイナーが徹底的に添削!→「デザインのバランスとフォントがダサい・・・」

2024年に紙幣のデザインも変更になる事が決定しましたが、ネット上では新紙幣のデザインが“ダサい”という声が多数あがっている模様…。そんな中、プロのデザイナーが新紙幣を徹底的に添削したという投稿が話題を集めていたのでご紹介したいと思います。

新一万円札をプロデザイナーが添削してみた

画像を公開したのは、♵(@ib_3rd)さん。

プロのデザイナーさんが新紙幣を添削してみたそうですが、あらゆる所のバランスが悪い上に数字のフォントがダサいとの指摘が…もはや全部にダメ出しされてますねwwwwww(;^q^)
確かに数字の表記は、以前の漢数字の方が日本人らしくて素敵でしたよね…。
外国人でも値段が分かりやすくしたつもりだとは思いますが…数字のフォントに関してはネット上で不評の声が相次いでいるようです。



<リプライ欄の反応>

・紙幣はデザインで全て決まるわけでは無いですからね。
機能性、偽造防止、伝統などが入っているから、デザイナー的には違和感を感じるのでしょう。(小並感)
俺に考えた壱万円!的なネタにすれば炎上しなかった気がします。

・ズレたりしてるのは偽札防止の工夫では…….?

・プロのデザイナーっていうわりには、スタイリングの話ばかりで機能についての言及がないですね

・炙ればなにか出るが、個人的にツボwwww

・防犯や偽札防止がどうのより、まずダサイ。諭吉さんのように有り難みが全くない。というか、欲しくない。
…お金を出来るだけ使わせる目的でデザインしたなら大成功だと思います。

・逆に改善案があるならば見てみたいですね

・そりゃ渋沢栄一もこんな顔になりますねw

トップへ戻る