【動画あり】乱視の人は夜の景色がこんな風に見えている→車のライトの見え方を比較した画像が話題に

乱視の人には夜の景色がこんな風に見えている

写真公開したのは、Unusual Facts(@UnusualFacts6)さん。

▼乱視の人の見え方



▼通常の人の見え方

▼関連動画

▼ツイート主の投稿文

乱視は角膜が完全に円形ではなくわずかに湾曲している状態。通常、光は網膜の1ヵ所に集まるが、乱視の場合には何ヵ所かで焦線を結ぶ。これは乱視の人とそうでない人の見え方の違いをあらわした画像だ。

乱視ではない人々の目には、自動車のバックライトや信号機が普通に光って見えているように見えますが、一方、乱視の人々にとっては光が伸びて線状に見えているようです。
乱視になる理由は、遺伝のほか眼球の損傷、眼疾患のために発症することがあり、パソコンやテレビの見過ぎで引き起こされるものではないそうです。

コンタクトを着用している人は定期的に検査を受けにいくと思いますが、そうでない方は1~2年ごとに眼科検診を受けてみるといいかもしれません。

<ネットの反応>

・近視は目が霞んでボヤけてる感じと言えば分かりやすいけど遠視と乱視はよくわからん

・わゎっ。乱視と近視ですが、乱視まさに、そう!です。人に説明するときにこの画像を使えば楽に理解してもらえるよ~(*´∇`*)有難いっす!

・このくらいなら平気なんじゃない?
自分はものがぶれて見えるよ

・PCやスマホ使うようになって視力落ちた
顔を近づけないとデスクトップの右下の日付と時間が見えない

・長年の乱視のせいで
かえって正常な見え方の方に感心した
夜間の運転が苦手なのも乱視のせいかも知れない

・生まれた時からだからあんま意識してなかったな

・近視&乱視だけど街灯は花火のように散って見えるよ。

トップへ戻る