【画像】どうして寿司は2つ一緒に出てくるの?→『チコちゃんに叱られる!!』で真相が明らかに!!!

寿司屋に行くと必ずお皿の上にお寿司が2つ乗って出てきますよね。今まで特に気にしたことはありませんでしたが、そう言われると何故なのだろうと疑問に思います。
そんな中、NHKで放送されているバラエティ番組『チコちゃんに叱られる!!』で「どうして寿司は2つ出てくるのか」について取り上げられ、その理由を解説していたのでご紹介します。

なんでお寿司は2つ一緒に出てくるの?



▼江戸時代と今の寿司のサイズ

お寿司を二つ一緒に出す理由は…「食べやすくするため」とのこと。

にぎり寿司が誕生した江戸時代では、現在の寿司の2倍以上のサイズだったそうです。元々押し寿司を参考に作られたので大きかったわけですが、大きくて食べづらい寿司を見て、考案者である華屋与兵衛は「下品」と感じ、小さくすることにしたようです。

チコちゃんは、「元々大きいサイズだったものを食べやすいサイズにするだけだと客の満足度が下がるため、2つ出すことになった」と解説しました。さらに、日本人は2つ1組のものを「縁起が良い」と感じることが多いため浸透したようです。

寿司職人のお客さんへの心遣いによって今のスタイルが生まれたんですね。“おもてなし精神”と周囲への気遣いを忘れない日本人らしい理由でした(*´ω`*)

▼おすすめ記事

「レシートは捨てられない」ホテル関係者が明かすチェックアウト後のゴミ処理と「お願い」が衝撃的!!
「レシートは捨てられない」ホテル関係者が明かすチェックアウト後のゴミ処理と「お願い」が衝撃的!!
【漫画】日本社会でよく見られる不思議な関係に中国人留学生が疑問に思った話→言われてみれば確かに・・・
【漫画】日本社会でよく見られる不思議な関係に中国人留学生が疑問に思った話→言われてみれば確かに・・・
【画像】海外で「日本の公園のゴミ拾い”ビフォア・アフター”」写真が話題に!!!
【画像】海外で「日本の公園のゴミ拾い”ビフォア・アフター”」写真が話題に!!!
トップへ戻る