【画像】嵐活動休止の経済損失で脚光を浴びる二次元→「ヲタコンテンツってここまで経済効果があったのか」

嵐活動休止の経済損失

人気グループ・嵐の活動休止は、経済損失など様々な側面から報道されています。一部の調査では、「アイドルマスターシリーズ」や「ラブライブ!」が嵐に次ぐ関連市場規模となっており、その大きさにネットでは大きな注目が集まっています。

二次元のコンテンツがここまで経済効果があったのには驚きですね…!!!( ゚д゚)

また、嵐が2020年末に活動休止するまでの2年間の経済効果が約3259億296万円に上ることが分かったという情報もあります。これは東京スカイツリーの建設にかかった総事業費約650億円を軽く上回る数字で、メンバーの数と同じ5本のツリーが建てられる計算になるとのこと。 嵐の経済効果恐るべし…!!!

<ネットの反応>



▼おすすめ記事

【速報】嵐が2020年限りで活動休止→緊急会見では“いつもの嵐”の姿にファンからは安堵や称賛の声
【速報】嵐が2020年限りで活動休止→緊急会見では“いつもの嵐”の姿にファンからは安堵や称賛の声
【画像】イベントで応援うちわを高く上げてる人→周囲はこれだけ迷惑がかかっていた・・・(;´Д`)
【画像】イベントで応援うちわを高く上げてる人→周囲はこれだけ迷惑がかかっていた・・・(;´Д`)
【画像】-20 ℃でも凍らない!?北海道でしか売っていないハンドクリームが凄い!!!
【画像】-20 ℃でも凍らない!?北海道でしか売っていないハンドクリームが凄い!!!
トップへ戻る