【漫画】小さい頃に話した「生まれる前の話」→病気の母に真実を話せなかった訳とは・・・

幼い頃に話した空想の世界

漫画を投稿したのは、まめきち(@mamekichi0625)さん。



投稿者まめきちさんが幼いころに話していた空想の世界。ある時から「お母さんに嘘をついているのかも…」という罪悪感から全く話さなくなったその話を、お母さんはずっと覚えていたんですね…( ;∀;)
お母さんにとって、まめきちさんが小さい頃に話してくれたお話は、例え空想であってもかけがえないものなのかもしれません。

<リプライの反応>

・お母さんにとってはとてもキラキラしたお話で、25年経ってもそのお話をとても大事にしていて、闘病中もそのお話に救われているのなら、真偽はどちらでもいいのかな。それはもうまめきちさんの嘘の話ではなくお母さんの宝物のお話なのかな。と思いました(*´-`)

・嘘でも本当でも、子供が生き生きとお話をしてくれるのってめちゃめちゃハッピーになりますよ😊だからまめきちさんは罪悪感に苛まれることはないと思います‼️嘘かどうかでなく、お母様は小さいあなたとの時間を大切にしてたからその言葉が出てきたんでしょうね😊

・うわぁぁぁぁん!! 涙が止まりません😭

・お母様はきっと、楽しそうに話しているまめきちさんが大好きだったんでしょうね。 嘘とか本当とか、そんなことより、まめきちさんが愛おしかったんでしょうね。

・なんかこう…むねがキュッとなりました😭 お母さんからその電話がかかってきたとききっと私なら「あれは嘘だった」と言ってしまったと思うんです。でもそれはただ自分が本当のことを言って楽になりたいだけ。だからお母さんを思って行動できているまめきちさんはすごくすごく素敵です。

▼投稿者のまめきちさんは、過去にも「陣痛に耐えられなかった話」を描いた漫画で大きな話題を集めていました。

【漫画】「ハラワタをズタズタに引き裂かれる痛み…」妊婦が無痛分娩を選択する意味とは?
【漫画】「ハラワタをズタズタに引き裂かれる痛み…」妊婦が無痛分娩を選択する意味とは?
トップへ戻る