【閲覧注意】きちんと行わないと大変な事態に!!!ヘアカラー剤で顔が変形した女性が伝えたいこと

ヘアカラー剤で顔が変形した女性

1.

2.



3.

パリに住むある女性が、衝撃の姿を公開しました。

スーパーでヘアカラー剤を買った女性は、家に返って自分で髪を染めることに。その際、アレルギーテストを行わなければなりませんが、メーカーが推奨する48時間が経過した後ではなく、たった30分しか経過してないのに、アレルギー反応は出ないと判断し、染め始めてしまったのです。

すると女性の顔はかなり腫れ上がり、舌も腫れ始め、呼吸もしにくくなり病院へ駆け込みました。原因は、カラー剤の成分であるp-フェニレンジアミンに対するアレルギー反応だったようです。

自分の身を守るためにも、アレルギーテストの類いはきちんと指定された時間通りにテストし、必ず行うべきだということを再確認させられました。

▼関連動画

トップへ戻る