【画像】モノクロ時代の古写真をカラー化させてみた!!!→写真当時にタイムスリップしたみたいな臨場感

モノクロ写真をカラー化

1. フリーダ・カーロ メキシコの画家 1919年撮影

2. エゴン・シーレ オーストリアの画家 1914年撮影

3. L. E. Jerome 1900年撮影



4. ジョアキーノ・ロッシーニ イタリアの作曲家 1856年撮影

5. 1937年9月15日 女性もバイク免許を取得事ができる日で撮影

6. イグナツィ・パデレフスキ 有名なピアニストである一方、ポーランドの初代首相

1916年撮影

7. アルベルト・アインシュタイン 撮影年不明



8. ナンシー・アスター 英国初の女性議員 撮影年不明

9. メアリー・トッド・リンカーン 第16代アメリカ合衆国大統領の妻 1855年撮影

10. 防空壕で避難するの子供たち 1941年撮影

<ネットの反応>

・綺麗すぎて、逆に時代を感じれないよ?

・今生きている人もこのような素晴らしい写真になるのかな

・確かに綺麗だけど、どっちが良いかは決められないなぁ
映画館で観るフィルム映画みたいな画質が荒い方が味が出る事もあるし

・前からあるのは知ってたけどすごく綺麗、100年前の写真がこんな臨場感で見れるなんて!
ロマンだなぁ、素敵。。。

・当たり前だけど、やっぱ一流の人間は眼力とオーラが違うな。カラーで見るとなおさらだ。一目みただけで、ただものじゃない空気感がある。

・今日撮影しましたって言われても信じてしまうくらいのものがあって凄い。写真当時にタイムスリップしたみたいだ

・服の仕立てが大変良いですね、高級そう

モノクロ時代の古写真たちをカラー化させたのはオーストラリアの写真家でデジタルアーティストのマリオ・アンガーさん。写真に色が付くと、リアリティが増してかなり昔に撮影された写真とは思えないですね…!!

他の作品も見てみたい方はインスタをチェックしてみてください!→Mario Unger

トップへ戻る