【画像】看板職人が多摩美大で披露した技に称賛の声!!!下書きなしの手書きが凄すぎる・・・( ゚Д゚)

下書きなしの一発勝負

写真公開したのは、松前(@sankakangen)さん。



これぞ神ワザ・・・!

多摩美術大八王子キャンパスで11月4日に開かれた芸術祭のイベントに登場した男性が、今話題です。大看板に下書きなしで美しい文字を見事に書き上げています。

このパフォーマンスを披露した職人さんは、大阪で看板屋を営むサインズシュウさん。このレタリング技術は日本特有のものであり、機械化が進んで失われつつある技術であるとのことです。

この素晴らしい職人技にはネットでも称賛の声が多数寄せられていました。

<リプライの反応>

・すげぇ!すげぇ職人技や! 無個性を極めた個性って実は一番難しい道だよね。

・きれいです!かっこいいです

・これが本当の匠の技ですね

・すごい…キレイ!でも枠は書いてあって安心しました。枠もなかったら超人だと思ったので笑

・手書きとはすごいです。

・なんやこれ…職人技通り越して職人芸の域やがな…!

・これって手書きでやってたんだ……

『【画像】看板職人が多摩美大で披露した技に称賛の声!!!下書きなしの手書きが凄すぎる・・・( ゚Д゚)』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/11/13(火) 06:41:50 ID:b1bdcfee4 返信

    フォント変えて欲しい

  2. 名前:匿名 投稿日:2019/02/06(水) 23:34:01 ID:d58a47ef1 返信

    昔の看板屋はみんなこうだった
    筆とペンキ缶だけで高所に居る職人やった
    今はカッティングシートで
    ノーヘル安全帯無し半袖で足場上がるアホしか居ない

トップへ戻る