【漫画】またキミに会いたい…「ポリゴンショック」で姿を消してしまったポリゴンの悲しいお話

みんなから愛されているポケットモンスター
今では807種類ものポケモンが登場していますが、最初は151匹から物語は始まりました。
この漫画に出てくる「ポリゴン」というポケモンは、その151匹のメンバーの1匹。
そんな「ポリゴン」はある事件を起こしてしまうのです…。

ポリゴンだいすき

漫画を公開したのは、津田沼 篤(@assamu_tikutiku)さん。

1.

ポリゴンは津田沼さんが一番大好きなポケモン。
そんな自分の大好きなポケモンがアニメで出てくると知り、大興奮していました。ポリゴンはそこまで目立つタイプのポケモンではなかったので、ファンの津田沼さんにとっては夢のような時間だったのでしょう。

2.


ところが、そんな夢のような時間が突如として終わりを迎えることに。
1997年12月16日の放送回で、作中でコンピューターの世界を表現するために、赤と青の画面を交互に激しく点滅させるアニメーション表現が使用されました。それを見ていた視聴者が頭痛や吐き気、めまいなどを訴えて病院に搬送。原因は、激しい光の点滅を断続的に見たことにより引き起った光過敏性発作

この事件は「ポケモンショック」と言われ、経験されたことのない事態に大きな問題となりました。この放送から原因がわかるまでの間はポケモンのアニメ放送も休止。
(※現在アニメなどの最初のほうでテロップで「部屋を明るくして画面から離れてみてね」という表示が流れるようになったのはこの頃から。)



3.

4か月後の1998年4月16日にアニメは再開されましたが、38話は再放送でも姿を消し、原因となったポリゴンは以降テレビアニメに一切登場していません。

ポリゴン自身は悪くないのに、事件以来姿を消してしまったことでみんながポリゴンを悪者扱いしているようで津田沼さんは相当に心を痛めてしまったようです。

4.

しかし、そんな津田沼さんの願いが届いたのかもしれません。
1999年11月21日に発売されたポケットモンスター金・銀で大好きなポリゴンと再会。
しかも、ポリゴンの進化系「ポリゴン2」まで登場して嬉しさ倍増!今までの絶望や悲しみが一気に報われたのでしょう、代理で描かれているレッドの表情がそれを物語っています。

<リプライ欄の反応>

・泣いてるレッドさんがどれもかわいすぎです!!私も当時弟とガン見してましたが、学校でもそれで体調崩して次の日休んでる子も少しだけいてびっくりしたのを覚えてます(;´ω`)

・感動しました。
ポリゴンの事件が起きたことが予想外でしたしポリゴンは悪くないのにアニメにまた出てこないのが残念でした。
でもゲームなどでポリゴンを復活した製作者様には感謝しかありません。私もポリゴン大好きです。
製作者様、そして素晴らしいツイートをして下さりありがとうございました。

・失礼します。事件を乗り越えて推しのポリゴンがゲーム本編でもまた合えて本当に良かったです・・・!漫画からでもポリゴンへの愛情がひしひし伝わってきます!スマブラDXでポリゴン2が出て来た時は本当びっくりしましたよw

・ポリゴン大好きです!私も一番好きなポケモンです✨
この漫画観て、まさに同じ時代を過ごしていた方が居たんだなぁと、涙ぐみました💦金・銀発売の流れまで同じです!
すてきな漫画をありがとうございます…!!( ;ω;)

・懐かしいです!あの当時リアルタイムで兄と見ておりましたが、明るい所で見てたからか二人共大事に至る事なく楽しく観覧してました。5分後くらいにニュースで色々と話題になりましたが皆学校でも話題でしたが、クラスメートも全然平気そうで。ただ赤青の照明効果を見ると「あっ!」ってなります。。。

・読んでいて、若かりし頃のポケモンに対する想いを思い出しました。こんなに胸が高鳴る気持ちはあの時以来です!
童心に返って、今日帰り道にポケモンを買って帰ろうと思います。素晴らしい漫画を有難うございました!!

・後にポリゴンZさんもあらわれましたね
ポリゴンちゃんおめでとうですね

コメント欄には、津田沼さんと同じくポリゴンが大好きな人、同じように当時ショックを受けた人たちで溢れていました。
中には事件に関していろんな推測が飛び交っていますが、それに対して津田沼さんは

自分はこのポケモンショックに関して「悪者」はいないと思っています。
自分の好きなキャラが悪者扱いされるなんて悲しい思いを他のファンの方たちに味わってほしくない
ポケモンの世界は優しくあってほしい

と回答しています。

津田沼 篤(@assamu_tikutiku)さんは漫画家として活動しており、ジャンプ+で『アボカドちゃんの観察日記』、『アンドロイドも夢をみる』を公開中の他、Twitterでも不定期ですが漫画(『マジョコとハカセ』実験漫画)を更新しています。

トップへ戻る