【日本終了】日本の「やる気」は世界最低だったことが判明!熱意ある社員は〇%→ドン引きする低さwwwwwww

先進国日本。戦後の成長からこれまで、経済を下支えしてきたのは労働者の意欲と熱意だと思いたいところですが、それらが錯覚だったかもしれないというデータが、日本の労働者たちを戸惑わせています。

あなたは仕事に対して「やる気」はありますか?

日本の会社員の「やる気」「熱意」は世界最低クラス

Embed from Getty Images
アメリカの調査会社によると、日本の会社員の「やる気」や「熱意」といったものが世界最低クラスだということが明らかになっているそう。

以下、田村潤『負けグセ社員たちを「戦う集団」に変えるたった1つの方法』(PHP研究所)の一部を再編集したという記事をご紹介。

(以下、ニコニコニュースより抜粋▼)

■熱意ある社員の割合は139カ国中132位

「日本は『熱意あふれる社員』の割合が6%しかない」
「139カ国中132位と最下位クラス」

(2017年5月26日付『日本経済新聞』)

「周囲に不満をまき散らしている無気力な社員」の割合は24%
「やる気のない社員」は70%

上からは達成できそうもない目標を掲げられ、いろいろな指示や施策が降りてくる。提出する書類や会議の数は増えるばかり。社員は受け身状態になり、いわゆる「やらされ感」が蔓延し、現場は疲弊している……。

(これらの原因として)

日本企業の多くが、アメリカ流の経営手法に過剰適応した結果、

オーバー・プランニング(過剰計画)
オーバー・アナリシス(過剰分析)
オーバー・コンプライアンス(過剰法令順守)

の“3大疾病”に陥っているとのこと。

ニコニコニュースより一部編集済み)



<ネットの反応>

・戦後70年で日本人が得たものー豊かさとゆとり。失ったものー誠実さと向上心

・やる気なくても給料もらえるからね。この国は楽だよ

・やる気最低クラスの日本人にサマータイムは無理じゃろwww

・関東民「今日台風来ないからやる気出ねえわ」

・頑張っても頑張らなくてもタイムカードを通せば同じ給料が貰える。査定はすぐ下がるからある程度は頑張るが簡単には上がらないから必死にもならない。日本にやる気が出るような会社なんてあるのかねぇ?

・ブラック企業がやる気のある社員に付け込んだ挙句に間接的に殺していった為に 会社で仕事をすることに魅力を感じる新入社員が激減しているのが原因。会社が魅力的に変化した会社は社員にやる気が戻ってる事例すらあるし。

驚くべきことに、日本の会社員は世界139位中132位とほぼ最下位クラス。

意識高い系」という言葉が一時期流行りましたが、不満をまき散らす無気力な24%の社員と、やる気のない70%の社員に挟まれた残り6%の人たちは意識の高いパフォーマンスが発揮できるのでしょうか?

労働者として非常に身につまされる調査結果でした。

『【日本終了】日本の「やる気」は世界最低だったことが判明!熱意ある社員は〇%→ドン引きする低さwwwwwww』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/09/09(日) 22:54:54 ID:ec80c8b0a 返信

    ブラック議会の指導の元ブッラク企業が跋扈してるから当然

トップへ戻る