【画像】これの答えわかる?マジキチすぎてクソワロタwwwwwwwwwwwww

ちょっと前に、大人でも理解に苦しむ問題が小学校で出題されたとしてTwitterで話題となりました。▼

算数の問題「桃が5個あります。3個もらうと全部で何個になりますか?」→大人でも解けない不明瞭な問題文に物議!!
算数の問題「桃が5個あります。3個もらうと全部で何個になりますか?」→大人でも解けない不明瞭な問題文に物議!!

同じように、「とんち」やなぞなぞのような要領で出題してきて思いもよらない解答を要求してくる問題というのがたまにありますが、おそらくそれの最上級レベルのぶったまげた問題をご紹介します。

「クソ解答に負けず劣らずのクソ解答」

画像を公開したのは、おかこぅ🤔(@okakou114514)さん。

1.

「1+16=1」に直線を1本引いて式を成立させるという問題ですが、既に算数からは逸脱しています。解答者の「発想力」を問う問題でしょうか?

2.


「=」に斜線を引いて「≠(不等号)」にしたおかこぅさん。
まぁ、こうなりますよね・・・(´-ω-`)



3. 解答

何ィィィーーーーーっ!!?!?!?

<ネットの反応>

・お前の方が正しい

・本来あなたの回答こそ正答であり(1+16≠1)、+16を線ではなく白色面で削除するこの「正答」では、そもそも問題が破綻しています。それでも「発想の転換」を口実に押し通すのでしょうが…。
これはあまりにも酷いです。実際にやったら問題不成立取れます。

・≠のほうが、数学的でいいですね(*´-`)

・直線に太さはない、つまりこの模範解答は+16を「白の図形」で覆うとなり、破綻します。

・ユークリッド幾何学的には点と直線は一次元であり、直線に面積という概念は無い。「直線で塗りつぶす」という解答は、ユークリッド幾何学的には誤った認識である。

・直線に幅は無いから、≠が正解で、解答は不正解でしょ

・理解できない

意外にもマジレスが殺到したリプライ欄ですが、「直線に太さはない」という概念は言われるまで気づきませんでした。。清々しいまでのクソ解答に、なるほどとひざを打って納得してしまう人も中にはいそうです。

ちなみにこちらの問題は、株式会社情報システム工学という会社のホームページで公開されている問題のようです。▼

Twitterでは、おかこぅさんによるバズをきっかけにクソ解答のオンパレードが勃発!!

これらはおかこぅさんがモーメントにてまとめていますので、ご興味ある方は下記よりご覧ください。▼

トップへ戻る