【衝撃】鳥肌モノ・・・28年間ぶりに失くしたと思っていたコンタクトが瞼の裏で見つかる!!(※画像あり)

Embed from Getty Images

コンタクトをしている人なら、一度はコンタクトをなくした経験があるのではないでしょうか?

しかし容易に見つかるものではない為、そのまま捜索を諦めてしまうこともあると思います。

そのなくしたと思っていたコンタクトが28年後にまさかの場所で発見された方がいるとニュースになっています。そのあまりにも衝撃的すぎる内容とは・・・

なくしたと思っていたら・・・

(以下、livedoorNEWSより抜粋▼)

「なくした」と思っていたコンタクトレンズが実はまぶたの裏にずっと隠れていて、28年後に摘出されたという事例が報告されています。

1990年頃、イギリス在住の14歳の女性がバドミントンの試合をしていたところ、相手が打ったシャトルが目に当たってしまいました。その時に女性はハードコンタクトレンズをなくしてしまい、それきりコンタクトレンズのことは忘れてしまったとのこと。

42歳になった女性は、左のまぶたが腫れ上がり、約6カ月もその状態が続くという症状を眼科医に訴えたそうです。

女性の頭部をMRIでスキャンしてみたところ、左まぶたの裏に嚢胞(のうほう)が発見されました。医師が取り除くと、中からハードコンタクトレンズが現れたそうです。

女性を治療した眼科医は、「ケガをした時にコンタクトレンズが左まぶたの裏に移動し、それから28年間そこにあったと推測される」と報告しています。

(参考:livedoorNEWS



<ネットの反応>

・ひいいいっっ!!

・1枚ガチで行方不明のがあるから他人事じゃない

・これ、わかる…。その昔、コンタクトにしていた時に裏側に回って数時間取れなくなった事ある…。それからコンタクトは辞めた。

・コンタクトレンズ使っててドライアイになりかけたから辞めたけど、異物混入する訳だから雑菌も湧くし目は大切にしたいわ。

・体がムズムズする記事だ

コンタクトはデリケートな眼球に直接入れるからこそ、多くの危険も伴うものかと思いますがまさかまぶたの裏に28年間あったとは驚きです。痛みがなかった理由も、急に腫れだした理由もだということです。

コンタクトをする人にとっては、背筋が凍るようなニュースでした。

トップへ戻る