【衝撃映像】凄すぎる・・・フリーダイバーがフィンだけをつけて水深130メートルの潜水記録更新!!恐さと感動でいろいろヤバい動画

フリーダイビングという競技をご存知でしょうか。定められたルールは種目によって様々ですが、今回ご紹介するのはCWT(コンスタント・ウェイト・フィン有り)というフリーダイビングの代表的種目。

呼吸を止めてフィンをつけ、自身の泳力だけで垂直に何メートル潜れるかを競うというもの。潜水中、ウェイトの量の変更禁止、またガイドロープを使うことも禁止されている。
聞くだけでも危険さは伝わると思いますが、なんとロシアのフリーダイバー、アレクセイ・モルチャノワ(31)さんが自信の世界記録129メートルを塗り替え130メートルを達成したそうです。

水深130メートルの世界

多くの人達に囲まれるゴールドのウェットスーツに身を包んでいるのがアレクセイ・モルチャノワさん。精神統一をしているのでしょうか緊張感がひしひしと伝わってきます。

記録更新時の動画がこちら▼

スクリーンショット


潜水開始時、まだ海の色はきれいなターコイズブルーです。




はじめはフィンを蹴って推進力を得ていたようですが45メートル付近から深海に吸い込まれていくように動きが止まります。これは肺が水圧で小さくなるため浮力が減少し自重で自然落下していく現象だそう。恐怖心を振り切る強靭な精神力も必要とします。
100メートルを超えるともう海なのかすらわからないほど辺りは真っ暗闇に。

▼GIF

130メートルの位置に用意されたタグをとり引き返しますが、まだまだ油断はできません。さらに130メートルの距離を戻ります
浮力が減少しているので帰りはフィンを蹴って浮上しなければなりません。身体を動かすことでより酸素を消耗する訳ですから大変なのはここからではないでしょうか。
アレクセイさんは無事この偉業を達成しますが、中には途中で気を失ったり浮上後に意識をなくす人もいるそうです。そのためサーフェスプロトコルという浮上後に定められた一連の動作を確認しOKのジャッジが出れば記録として認められるシステムになっています。

<ネットの反応>

・どういう人生歩んだらこんな恐ろしいチャレンジをしたくなるんだろ

・深海まで潜ったな。

・見てるこっちが苦しかったわ
すごすぎる

・グランブルー

・深度を抜きにしても無呼吸で260m泳いでるんだよな
スゲーわ

・フィンがあるとは言え、往復自力ってスゴイな

・緊迫の映像にただただ感動

常に死と隣り合わせの世界ですが、フリーダイバーは日々そんな恐怖に打ち勝つため精神の鍛練も怠らないようです。ある意味究極のメンタルスポーツではないでしょうか。



トップへ戻る