【漫画】「社会の色」に染まり落胆する人を救ったのは・・・?疲弊した現代人を癒す再生のストーリー


Pixabay

「自分の個性を殺さずにありのままを生きたい」

多くの人がそう思ってはいても、実際には難しいものです。社会に出て社会のルールに従って生きていくにつれて、本来の自分を見失ってしまうこともあるでしょう。

そんなとき、私たちは何を頼りに軌道修正すればいいのでしょうか?
悩み苦しむ社会人に、一つのヒントをくれる漫画が話題です。

「立ち止まっているあなたへ」

漫画を公開したのは、ハヌル(@neulbaram)さん。

1.

好きな色を塗ることを許してくれない社会。おすすめの色はどんよりと濁ったモノトーンでした。

2.


社会の色を塗り続けて気づいたら大人になってしまった主人公。この道で、この色で、幸せになれるのか。悩んでももう遅いことを嘆くのでした。



3.

4.

途方に暮れる主人公の背後から近付いてきた人物。これまで塗ってきた道に、ありったけのカラフルな色をぶちまけてしまいました。

5.

6.


「大人になったのに急にあの色に変えるなんてできるかな…」弱気な主人公に対し、「”急に”じゃないですよ。[あなたの色]はずっとあなたの道にあったんですから。」



7.

導かれるまま、再び[自分の色]を塗り始めた主人公。完全に社会の色に染まり切ったと思われた主人公でしたが、本当の色は塗りつぶされることなく存在していました。

そして、そんな本来の自分を取り戻してくれた黒子の人物が何者なのかは言及されていませんが、本来の自分自身が具現化した姿とも取れそうです。

こちらの漫画には続編があり、ツリーにて公開されています。▼

その後

<リプライ欄の反応>

・純真な色彩感・世界観 重いテーマ
それとは反対に堅苦しくない言葉選び、かわいらしい絵
すごく好みです

・amazarashiの「あんたへ」って曲が思い浮かんできました。
心が温かくなりました😊

・普通に道徳の教科書に出てきそう

・社会に馴染める“普通”になるために、みんなに嫌われないために、自分を偽ってきたから、今さらキャラを変えるなんてと思ってましたが私のキャラはずっと私の中にいたんですね。

・すごい背中押された気分

・なんだか涙が溢れてくるような温かさがありました(゜-Å)ホロリ

・好き(´・ω・`)

日々の生活に追われて自分を見失ってしまったとき、自分の中に本当の答えがあることを思い出させてくれるような、そんな素晴らしい作品でした。

ハヌルさんはTwitterの他にも様々な媒体で作品を公開しており、これまでにもいくつもの作品が話題となっています。

トップへ戻る