【注意喚起】レンズを向けただけで巣を放棄する鳥も!「営巣写真」に反対する漫画が予想以上に深刻だった

Embed from Getty Images

野生の鳥の生態を観察して楽しむバードウォッチングですが、近年カメラやレンズの性能が向上したこともあり趣味で野鳥撮影を楽しむ方が増えています。

本来バードウォッチングは自然に生息する鳥たちの生態を崩さぬよう、ある程度の距離をとりマナーを守りながら鳴き声を聞いたりその動きを観察し記録したりして楽しむものですが、一部の人たちはそのマナーを守らず野鳥のテリトリーにまで入り込み撮影し過度のストレスを与えてしまう行動が目立っているようです。

今回はTwitterに投稿されたNina(@rda2015jp)さんが描いた「営巣写真反対漫画」が野鳥愛好家だけにとどまらず多くの人の共感を得て話題になっています。

人間が思うよりもデリケートな鳥たち

漫画を公開したのは、Nina(@rda2015jp)さん。

1.

女の子がサンコウチョウの巣作りを写真におさめバードマンの前でSNSにアップしようとしますが制止されます。ところが時すでに遅し、別の人が投稿してしまったようです・・・

2.


すると数時間後にはサンコウチョウ目当てに多くの写真家が集まり始めました。しかも営巣中の木のすぐ下でザワザワと写真を撮っているようです。
こういったマナー違反の行動は鳥にとってはすさまじいストレスがかかるはずです。



3.


バードマンによるとそもそも営巣中の写真撮影自体がよくないのだそうです。
中にはレンズを向けられただけで巣や卵、ヒナなどを放棄してしまう鳥もいるのだとか・・・

4.

もちろん放棄された卵やヒナは育つことができず死んでしまいます。野鳥愛好家と名乗り行っている行為が野鳥の生態を崩しているとなるとそれこそ本末転倒です。
こういったマナー違反の似非愛好家にはバードマンから呪いをかけるとの忠告も!

<リプライ欄の反応>

・はじめまして。
私の父は、ドキュメンタリー映画を撮っていました。鳥も獣も撮っていましたが、毎回必ず下調べを入念に行い、巣や行動範囲で撮影対象動物から姿を見られないよう、匂いを残さないよう、神経質なくらい気を遣っていたのを思い出しました。(隣の山から超望遠撮影とかしてました)

・気をつけます!(ツバメはある意味例外かと思いました)
↑(本人)元々は共生(教えていただいた)して来た関係なので例外とも言えるとは思いますが、大勢で囲ったら放棄する可能性はありますね。希少な鳥ほど情報が拡散されると人が集まるので営巣放棄がありえます。

・生き物は人間が思ってる以上に敏感ですよね。人間が一番偉いと思うのは大間違い。共存しないとー。
↑(本人)ほんと、そうですよね。共存しないとです。

・そうだったのですね。以前住んでたところの近くで、ある時期になるとものすごいカメラ持った人達がいっぱい集まって写真撮ってました。聞いてみると、サンコウチョウの巣がある。とみんな指さしてワイワイしてました。みんな鳥好きさんたちなんだな。と思ってましたが、鳥の心知らずだったんですね。

・バードウォッチングの際にも帰り際に言われますもんね。「ここで見た○○チョウのことは秘密にしてください。」て。
ていうか、生き物を観察する際はストレスを与えないようにするのが常識なのに、なぜそれがわからないんでしょうか。

・スマホなどでも簡単に写真が撮れるからこそ、知っておいてほしいマナーですね

・こういうのもっと伸びて欲しい

非常にシリアスな問題をコミカルに描くことでより多くの人の目に届いたのではないでしょうか。このような問題は今に始まったわけではありませんが、この問題を一人でも多くの人が知っていることが重要なのだと思います。
バードマンには引き続き野鳥たちのために情報を発信していただきたい限りです。

Ninaさんの今回の漫画には原案となるイラストがあり、啓蒙のためにも丹念に漫画として仕上げられたようです。また、Ninaさんは鳥を模したアクセサリーも販売しています。

『【注意喚起】レンズを向けただけで巣を放棄する鳥も!「営巣写真」に反対する漫画が予想以上に深刻だった』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/09/19(水) 17:20:05 ID:98a5d8aa1 返信

    レンズ向けるのがダメなら、バードウォッチング全部ダメじゃん?

  2. 名前:匿名 投稿日:2018/11/24(土) 14:50:58 ID:b93714bca 返信

    そだよ、大半の鳥からすれば人間なんて脅威でしかないんだからそもそも近付かないのが正解。
    バードウォッチングする人たちは鳥の警戒を逃げないで済む程度で抑えて観察するために色々やってるんだけどそんなの気にせず平然と近付いていくおバカがいるってお話

    というかコレ普通に動物虐待だろうに

トップへ戻る