【閲覧激烈注意】これはヤバイ・・・車外にいた人たちに猛スピードで車が突っ込む衝撃映像!確実に数人の尊い命が奪われた瞬間

Embed from Getty Images

交通事故というものはこちらが気をつけていても避けられないパターンがあることも確かですが、予防策をとることでほとんどの事故は避けることができるのではないでしょうか。

例えば道路わきに停車した車のそばには立たないなど、故障車や事故車の近くにいて後続車に追突されるといった事故はに日本でも多発しています。

今回はまさにそのパターン、停車した車の後ろに立っていた人たちが高速で走ってきた車に跳ねられる瞬間をとらえた衝撃的な映像が激撮されました。

路側帯に停車中の車に激突する主観映像

(※以下、ショッキングな映像のため閲覧注意)

映像は追突する車の車載映像。停車した車両の後方に立つ数人に後方からやってきた車が猛スピードで突っ込みます。▼

スクリーンショット

よく見るとドライブレコーダーに搭載されているスピード計測の表記が、動画開始時は160kmも出ています。
前方を走るトラックが少し左に寄ったところを追い越そうとしますが・・・
右の路肩には停車中の車が、後ろには数人が立っています。
この時点で時速100km、ブレーキをかけても間に合いません。



追突時もほぼ減速できていないため、よそ見か居眠り運転の可能性も。
大きな衝撃音と同時に跳ねられた人たちはものすごい勢いで飛ばされていきます・・・
▼GIF
緊急停車などを知らせる三角表示板も出していますが距離が短すぎたようです。
こういった場合は十分に安全を確保しながら車両とある程度距離をとり発煙筒や表示板で後続車に異常を知らせることで二次事故を未然に防げるのではないでしょうか。

<ネットの反応>

・これはあかん

・確実に3人は殺ってる。

・双方あかん

・三角近くにおきすぎだろ

・轢かれた車外に出てた奴らもダメだけど路肩ハミ出て走っちゃうドライバーはもっとダメだな

・右車線っぽいけどトラックの真後ろに行く理由がわからんな

跳ねられた方々の安否は不明ですが確実に大ケガもしくは最悪の事態になったことは間違いないでしょう。道路上で車外に出ることがどれほど危険か思い知らされる映像でした。



トップへ戻る