【画像】「食べたくなるブーツ」?野菜や肉を足にまとうシュールな謎アートがインスタグラムに登場!

最近では、いろんな種類の「アート」をネットを介して知られるようになりました。

今回ご紹介するのは、色んなモノで表現するブーツ。それは食べ物だったり、はたまた”土”だったり?!とにかく履くことはできませんが、「アート」として完成された見事な作品群をご覧ください。

食べたくなるブーツ!?

デンマークのボーンホルム島を拠点に活動するフォトグラファー、ニコライ・バイヤーさんがInstagramで公開した作品です。

野菜のブーツ

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿

文字通り野菜でできたブーツ。野菜のありのままですが、足の形に綺麗に沿うように美しく成形されています。



サボテン

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿

こちらはサボテン。もはや分離しているのでブーツではないですが、痛いのでかかとはつけられないという言い訳のようなシニカルな表現が可笑しいです。

ハンバーガー

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿

かなりシュールな画(笑)。こんな靴もひょっとしたらあるかもしれません。

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿

肉だけあって、皮膚への密着感がすごい!

原っぱ

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿

超エコなブーツです。これならいくら擦り減っても、その場で脱ぎ捨てても地球に与えるダメージは少なく済みそうです。

思わず食べてしまいそうだったり、発想に驚くばかりの靴の数々。

ニコライ・バイヤーさんは、この他にも多数の作品を公開しています。是非ともInstagramよりご覧ください!

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿

Nikolaj Beyerさん(@nikolajbeyer)がシェアした投稿



トップへ戻る