【キモすぎ注意】米・ルイジアナ州でカゲロウに占拠されたガソリンスタンドが激撮される!!(※動画あり)


Wikipedia

バッタなどが大量発生する災害のことを蝗害(こうがい)と呼ぶそうです。

史上最大級の蝗害の例としては、1870年代に米・ネブラスカ州を襲ったロッキートビバッタの群れなどがあり、その大きさは、幅160キロメートル、長さ500キロメートル(この面積は日本の本州全面積の3分の1ほどになる)。平均高さ800メートル、場所によっては1600メートルであったと報告されているそう。また、同じ場所では6時間以上にわたって観察されたのだとか。

(参考:Wikipedia

しかし今回ご紹介するのは、カゲロウの大群。
0036_GR007674

カゲロウの大群がガソリンスタンドを覆い尽くす(※閲覧注意)

アメリカのルイジアナ州で撮影されたこちらの映像。なぜか大量発生してしまったカゲロウがガソリンスタンドの至るところを埋め尽くしています。

※苦手な人はかなり閲覧注意です。▼



スクリーンショット


とてもじゃないけど窓は開けられなさそうです。


機械がショートしたりなどの危険もあるでしょうか。

▼GIF


カゲロウの寿命は短くてたったの1日、長くても一週間と言われており、この量のカゲロウが集まってしまった場合、その寿命の短さも災いして大量の死骸が残ることが予想されます。

<ネットの反応>

・きもっ!

・ムシムシパラダイスやんけほんま!
高い高いマウンテンからきた虫やろうけどほんまパラダイスやで

・照明消せば

・爬虫類飼ってたらエサに困らなそう

・フルサービスのスタンドだったら問題なし・・
セルフだったらパスします・・

・エンジンブロワーでぶっ飛ばしたいな

カゲロウの大量発生はアメリカに限ったことではなく、日本でも発生することがあるようです。

トップへ戻る