【画像】「アイデアは天から降ってこない」デザイナーという職業の一般的なイメージと現実とを比較したイラストが話題に

みなさんは「デザイナー」と聞いてどのような印象を抱きますか?

デザイナーの中にも様々な職種のデザイナーがいますが、一般的には「絵がうまい」「オシャレ」「センスがいい」など華やかなイメージがわくと思います。

そんな、ポジティブなイメージがあるデザイナーの仕事内容をイラストにして、現実とのギャップを描いた作品が話題になっています。

手間と時間を要する作業・・・

このイラストを公開したのは、nomoko 地域ブランディングのイラストレーター (@nomoko_design) さん。

▼一般の人が思っているデザイナー像(画像加工済)

パッとひらめいてササッとデザイン化する、ライトな頭脳労働のイメージ。

▼実際のデザイナーの姿(画像加工済)

実際には恐ろしく手間がかかっているというアイデア出しの工程。デザイン案やイラストなどの目に見える形に起こす工程は、アイデア出しの工程に比べればそんなに苦しくないとのこと。

一般的に想像するデザイナーと実際のデザイナーでは、仕事量に大きな乖離があるだけでなく、本当に大変な工程は、形に起こす技術的なフェーズではなく、アイデアを出す地道で泥臭いフェーズであるということが読み取れます。

デザイナーは、企画や商品のターゲットやコンセプトを決めて、情報収集や競合のリサーチとやることが盛りだくさん。絵を描ければいいというわけではもちろんなく、他にも必要とする能力はたくさんあります。

華やかなイメージを持たれがちなデザイナーという世界でも、地道な努力の積み重ねなくして成り立たない職業であるという点が非常に身につまされます。



<リプライ欄の反応>

・ごもっともです♪ 周りの方がいつも『パパっと次のデザイン描いてよ』、『どうせデザイン案なんてほっとけば思い付くやろ』って言いますので、こう言うのは広まって欲しいですわ(汗)

・よーくわかります。 「よくわからないので」「おまかせで・・・」っていう台詞はとても危険なフラグが立ちますね。

・ありがとうございます!知らなかったら一般のままだった!

・一般の方は 芸術家や美術家の考えっぽいですね デザイナーは想像から作るより 骨組みをしっかりと作らないと自身もお客も満足できない事が多そうですね

・プログラミングと一緒なんですね。

・分かります! なのに未だにページ単価や面積単価で値段決められるので悲しくなります(T_T)

・料理と似てるよね…下ごしらえとか料理考えたり色々あるのに、切って炒めたりしたら終わり、みたいな

他業種からの共感の声も多く見られました。やはり「努力なくして成功なし」ということではないでしょうか。

表向きのイメージよりも、そこまでの過程に目を向けることの大切さを教えていただきました。

『【画像】「アイデアは天から降ってこない」デザイナーという職業の一般的なイメージと現実とを比較したイラストが話題に』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2019/02/22(金) 15:21:20 ID:8516dc55f 返信

    パクリ作家やんw
    本物は一般人が思ってる方だぞ

トップへ戻る