【ライフハック】スマホとペットボトルで作る「緊急用即席ランプ」

震災の恐ろしさをまざまざと再認識させられた大阪地震。

Twitterで、身の回りのものでできる防災対策として話題となったあるライフハックをご紹介します。

関連記事

【大阪地震】「出社至上主義」が都市を混乱させた3.11の教訓が全く活かされていない→議論に!!
【大阪地震】「出社至上主義」が都市を混乱させた3.11の教訓が全く活かされていない→議論に!!

ペットボトル×懐中電灯

警視庁の公式Twitterアカウントで公開されたのはこちらのライフハック▼


懐中電灯の光をペットボトルに当てることで、光が拡散されてランタンのような即席ランプができるというもの。

懐中電灯の光は指向性なので、置いただけでは周囲を明るくすることができないという問題をクリアできます。

そしてさらにはこの懐中電灯、スマートフォンのライト機能でも代用が可能であることが分かっています。



ペットボトル×スマートフォン

懐中電灯を持っていない場合でもこれなら対応可能です。

また、ペットボトルも入手しやすい素材であることから、緊急時の対策としては非常に優秀なライフハックと言えるでしょう。

<リプライ欄の反応>

・やって見ます。

・これは、非常時に役立ちますね!!

・大発見!

・これ、鏡を下とか周りに置いて、さらに増やすのも、いいっすよ🎵(*´∇`*)

・キャンプツーリングにイイ!

・空ボトルのせて、レジ袋被せても明るくなりますよ!

今回のような自然災害時のみならず、キャンプツーリングや緊急時などの際に、覚えておけば役に立つかもしれません。

トップへ戻る