【災害対策】ダンボールで簡単に作れる椅子の作り方を警視庁が公開!避難所で役に立つぞ!!

2018年6月18日7時58分、大阪府北部を震源とする震度6弱の地震が発生しました。

引き続き自治体や交通機関の警戒態勢が続いています。

関連記事

【大阪で震度6弱】寝屋川では水道管破裂も。気象庁「1週間以内に同程度の余震可能性」
【大阪で震度6弱】寝屋川では水道管破裂も。気象庁「1週間以内に同程度の余震可能性」

そんな中、警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)が地震以前から公開していた段ボールの椅子の作り方が「災害時に役立ちそう」「簡単に作れる」と話題になっています。

ダンボール椅子の作り方

体育館などの避難所では地べたに座ることを余儀なくされます。腰が悪い方やご老人にはなかなかこれがこたえるようです。その問題に、警視庁ならではの視点で解決策を示したのがこちらのツイート▼

▼作り方はこちら

ダンボールなら支援物資の入れ物として等、災害時もすぐに手に入るので安心ですね!足の悪いお年寄り用にもいいかもしれません。なんといっても簡単に作れるのが魅力的です。



<リプライ欄の反応>

・2リットルのペットボトルでも 頑丈なイスが作れるね(笑)

・高齢者は座面が高い方がよいので、そのバージョンも考えていただきたいです。

・こういう作り方ではなかったですが、小4のときに頑丈な椅子を作りましたっけ٩( ‘ω’ )وテーブルにもなりますよ。

・なるほど! しかし、災害時にガムテープの入手は困難でしょう。 ハサミすら無い状況ですし。昔みたいに十徳ナイフとかあれば良いけど、銃刀法違反になっちゃいますね。

・作り方を動画で見れるとありがたいです。

・ペットボトル2Lケースより大きい食品ダンボール箱ぐらいのサイズが良いかも。小さいと正座椅子。大き過ぎるとベンチや高椅子だ。 体格の良い方、ラップの芯に新聞紙詰めて中に、中に立てて固定で補強。 長期使う椅子なら、丈夫なダンボール紙を使え。 暇なら、新聞紙で作る家具も有るが。椅子や机等。

確かに動画のほうが分かりやすいかもしれません。道具がすぐ手に入らない可能性もあるので、いざという時のために災害用リュックにハサミとガムテープを用意したほうがいいかも・・・(;´・ω・)

トップへ戻る