【悲報】『スマブラ』を発表したのに任天堂の株価が暴落!!株主たちに見放されたその理由がこちら・・・

季節はもうすぐ夏ですが、ゲーム業界ではすでに秋/冬発売のソフトの発表が始まっています。そんな中、任天堂はSwitchの秋/冬ソフトの発表に「大乱闘スマッシュブラザーズ」というキラーコンテンツを持ってきたにも関わらず、なぜか任天堂の株価の暴落が暴落

その理由は極めて単純なものでした。

「株価暴落」の理由は・・・

▼これから国内外で発売予定のソフト一覧
(中央線から左がSwitch、右がPS4)

ソフト数の差が凄いですね。スマブラとポケモンとマリオという強タイトルがあるから大丈夫・・・なのでしょうか?



株価の爆下がりは続いている模様

(引用元:Yahooファイナンス)

下落は続いている様子です。しかし、発売したら一気に巻き返すのかもしれません。

<リプライ欄の反応>

・あー、ゲームを楽しむんじゃなくて世界売上だAAAだと話を誇張して他と比較するのを楽しんでしまう無意識的ゲハ症候群の初期症状ですね。あんまり世界累計がどうとか会社の先行きがどうとか考えない方がいいですよ。そんなのは当の会社の人間と株主が考えることです。消費者は黙して楽しむのみ。

・ソフトが全然出ないってWiiUの時代にも言われてた気がしますねぇ…()

・SONYは凄いw

・スマブラとポケモンがあるなら十分売れるから仕方ないね

・cyberpank2077もFF7Rも動きそうにないもんなぁ… 性能が悪いよ性能が。ゲームハード造りは諦めてゲームソフト造りに宣伝してくれる方が俺はよっぽど嬉しいよ、任天堂。

・いま流行りのサバイバル系のフォートナイトかあるからいいんじゃないですか?

一消費者としては楽しめればそれでいいのですが・・・株主と経営者にとっては好ましからざる事態であることに代わりはなさそうです。これからの任天堂の動きに注目です。

トップへ戻る