【閲覧注意】「ギ酸」を噴射するアリを大量に手に乗せて挑発した結果・・・おいおいこれ大丈夫か???

今回紹介するアリは敵から身を守るため、毒腺から蟻酸(ギ酸)を噴射するそうで、その酸の威力は、もちろん酸というだけあって皮膚に触れると水ぶくれになるほどらしいのですが、そんなアリを手の上に大量に乗せて酸を噴射させてみようという実験を行ったのだそう。

その方法が・・・・・・理解不能です。

関連記事

凶暴アリ「ミート・アンツ」の巣に半裸でダイブするマジキチ現るwwww
凶暴アリ「ミート・アンツ」の巣に半裸でダイブするマジキチ現るwwww

一斉に蟻酸攻撃開始

手には大量のアリが這っている。もう一方の手をその上にかざすと敵とみなしたアリは・・・

(※以下、閲覧注意▼)

一斉に酸を噴射。しかもかなりの勢いで高くまで飛ばすことができるようです。

手は大丈夫なのか・・・

アリたちもここぞとばかりに酸を噴射

かなり大量の酸が手にかかっているように見えます

結局この後、手がどうなったのかは定かではありませんが、「蟻酸を舐めたことがある」との声もあることから、種類によっては酸の威力が弱いものもいるのかもしれない。

しかし、これだけの酸を直で手にかけられたからには確実に何らかの代償はあったはず。ちなみに、アリの中で蟻酸を出す種類は少数派のようで、多くのアリは敵から身を守るとき針で刺すことのほうが多いのだそうです。

小さいからといって侮れないアリ。アリだけではありませんが小さな虫の中には毒をもっているものも多く存在します。これからの季節キャンプやBBQを楽しむ機会も増える中、くれぐれもご注意ください。

凶暴アリ「ミート・アンツ」の巣に半裸でダイブするマジキチ現るwwww
凶暴アリ「ミート・アンツ」の巣に半裸でダイブするマジキチ現るwwww

(参照元:Reddit



トップへ戻る