【恐怖の実話】留守中の小学生が親の言いつけをちゃんと守った結果→衝撃の結末に身の毛がよだつ・・・・・・

最近本当に物騒なニュースが多いですね。子供だけでなく大人も気を付けなければいけないかも・・。

そう思わせてくれる、みつ(@32__chan7)さんの実体験が話題になっています。

小学生の頃、親の言いつけを守った結果

(以下ツリーより転載▼)

①ある日、小2、小4、小6の姉妹3人だけで夕方親の帰り待ちしてるときに配達員が来た親に言われた通りの対応をしたんだけど、「また届けに来るの面倒だから受け取って」って言われて、そんな配達員はじめてだったし威圧的だったから怖くて開けなかったら諦めて帰ったんです。


②親にその事を一応伝えてそれから数週間後に祖母の家で夕飯食べてたら、わたしの家に来た配達員の男が小学生の女の子を殺害っていうニュースがテレビで流れた。〇〇容疑者って流れて顔見たときに本当に怖くなったし親も祖母も震えてた。あの時開けてたら、、と思うとゾッとします。


これ信じてもらえないこと多いんだけど本当にあった話しだし、自分の子供にも同じことを言いつけて絶対に守ってもらおうと心に誓ってる。 配達員ですら信じられない世の中は恐ろしいし、未だになんだか怖くて配達の対応するときは110番にすぐかけられる画面にして携帯握ったまま対応してる。


④ちなみに殺人の犯行現場は家から40分くらいの場所、隣の市でした。

<ネットの反応>

・子供に伝えます!

・親通販する人だから今だと簡単に開けちゃいそうだからこのツイート見れてよかったです。気をつけないと。

・親が家には居ますよアピールするのいいですね。確かに、子供だけだと伝えるのは、乗り込まれたら抵抗出来ないって言ってるようなものですね。

・世の中全て疑うことが自らのリスク回避に繋がります。 悲しいですどね(´;ω;`)

・私はそういう経験はないのですが、大人になっても配達員と接する時は武器になるものを近くにおいて対応しています。

・これからお中元の時期だから、ドアミラーで確認して開けないといけないなと思いました。

子供だけではなく、通販をよく使用する大人も気を付けたほうがいいかも・・・。

身を守るためには疑う姿勢が大事ですね。


トップへ戻る