【世界唯一】「アスキーアート」で描かれたタトゥーがカッコ良すぎると話題に!!

1970年代に生まれたASCIIアート(アスキーアート)は、英文字や数字などのプレーンテキストで絵を描く技法です。

今ではあまり流行らなくなってしまったこの技法をタトゥーで復活させ、注目されている人がいます。

世界で唯一の「アスキー・タトゥー」アーティスト

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

アスキーアートをタトゥーとして昇華させたのは、第9回モスクワ国際タトゥーコンベンションで開催されたコンテストで優勝したAndreas Vrontisさん(31歳)。

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿


Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

写真からもわかるとおり、Vronitisさんは画像生成ソフトなどを一切使わずに全て手仕事で行っているそう。

「何年もかかってオリジナルで作り上げた制作方法を、できるだけ公開したくありません。ただ、コンピュータソフトは使いません。ソフトはたくさんありますが、それを使っても期待したほどリアルな絵にはならないのです。だから、自分で考えて文字を並べています」

また、作業についてこのようにも語っています。

「ラインはとても細く、文字間隔は非常に狭い。ある意味、ミスは一つも許されません。完成までにだいたい8時間かかります。その間集中し続けるのでとても疲れます」

Andreas Vrontisさん(@tattoovrontis)がシェアした投稿

シックで写実的かつレトロ感のあるVronitisさんのタトゥーアート。

普通のタトゥーには抵抗があるという人でも、これなら彫ってみたいという人も多いかもしれません。


『【世界唯一】「アスキーアート」で描かれたタトゥーがカッコ良すぎると話題に!!』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/06/10(日) 19:53:09 ID:37797c252 返信

    すでにドット職人の領域ジャマイカ

トップへ戻る