【動画】53秒の「握手」?ダンスのように先生と生徒が”絆”を確かめるハンドサインが素敵すぎる!!

皆さんも一度は「アルプス一万尺」などの手遊びや言葉を一つずつ追加していく「言葉遊びゲーム」で遊んだことありますよね?

小さいころから遊んでいまだに覚えている方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった遊びにも似た素敵な先生と生徒の「握手」をご紹介します。

一見、なにかの遊び。でも実はそれは・・・

Melynna @MelynnaPena/Twitter

学生時代の思い出といえば、皆さんは何を思い出しますか?

運動会や文化祭、クラス行事や修学旅行。他にも放課後のおしゃべりや初めて友達と遠出をしたなど人それぞれ色々な思い出があると思います。

今回、ご紹介する女生徒は先生との「握手」が思い出になるのではないでしょうか?

米カリフォルニア州のビクター・バレー大学に通うMelynna(@MelynnaPena)さんの妹さんは最後の授業で先生とこんな形で別れを惜しみました。

妹は最初の授業で先生と握手を交わして以降、毎週金曜日に動作を1つずつ増やしていきました。

そして最終日にはこんなことに。

二人は手遊びをしているわけでも、ダンスの練習をしているわけでもありません。

金曜日に動作を追加していき1年たって、この長い「握手」を完成させたといいます。

先生もキチンと動作をひとつずつ覚えていて、二人はこの握手をとても大事にしていたんだなと微笑ましい光景ですね。

<リプライ欄の反応>

・すごっ!

・長すぎないか

・この間他の生徒はどうしているんだ?

・こんな先生もいるのね

・私には絶対覚えられません

・確実に次の授業には遅刻するな

・見ていてほのぼのする

最後の授業ということでこの握手はここで完結ですが、この先生との思い出は妹さんのなかにずっと残っていくのではないでしょうか。

素敵な動画をありがとうございました♪

トップへ戻る