【涙腺崩壊】給料未払いで生活苦のブラジル人教師、生徒たちからのサプライズプレゼントに涙を堪えきれなくなる・・・

ブラジル東部の高校に、代行講師として赴任してきたブルーノ先生。

ところがブラジルでは公務員の給料未払いが社会問題となっていて、すでに2か月も給与が支払われず、生活苦から学校に寝泊まりして教師を続けていました。

もちろんそのことは生徒たちには隠していました。しかし、事情を察した生徒たちは、みんなで協力してあることをしようと決意しました。

生徒たちからのプレゼント

なんと、生活に苦しむ先生のために、自分たちの私物を売ってそのお金を先生に寄付するというサプライズプレゼントを決行したのです。

うぅっ・・・なんて良い生徒たちなんだ(´;ω;`)


テーブルに置かれた箱を開け、一瞬固まるブルーノ先生。


「おい嘘だろ?お前たちこれをどうやって・・・?!」


「本当だよ!」「先生のためさ!」


首を振り、必死に照れ笑いを見せる先生。しかし、拍手を送る生徒たち・・・


感極まった先生。生徒たちの優しさに涙を堪えることができませんでした。


そんな先生をみんなで優しくハグしてあげる生徒たち。天使たちかよ・・・(´;ω;`)

<海外の反応>

・お金か何かが渡されたの? 見た感じは箱に何かの電化製品か何かが入っているみたいだ。

↑きっと小切手か紙幣が中に入っている。

・なぜ、彼は給料を支払われていないの?

↑このブラジルの記事にあるよ。(ポルトガル語)
(Alunos fazem vaquinha e presenteiam professor que esta sem salario ha dois meses)

官僚の煩雑な手続きの問題で、彼は職業訓練学校の代講講師で、病欠教諭の代わりを務めている。そのため学校はお役所的なおびただしい数の手続きを踏むことになり、それが彼がきちんと雇用されていながらまだ給与が支払われていない原因となっている。
彼の家族は83kmも離れたところに住んでいて、そのため彼は学校に寝泊まりしなくちゃいけない。ちなみに動画ではUS400ドルと書いてあるが、実際はブラジル400レアル(約1万2000円)

↑それは生活のコストからするとどれくらいなんだ? しばらく安いアパートが借りられるほどかい?

↑400ドルならまあまあの場所。400レアルなら危ないエリアのワンルームもいけるかどうかってところだ。比較で言うと400レアルは最低賃金の41%程度。

・理由は役所が最低で、多くの腐敗があるからである。

↑子どもを教育する先生が(給料未払いで)いなくなるので良くなることもないだろうな。

↑そして毎年ひどくなっている。

・2か月も支払われてないのに、生徒たちを気にして残って仕事をしているところも気に入った。

・世界で最高の感情は与えること。

・その頃、自分が教えている教室では、スマホをしまうように言うだけで生徒たちから恨まれる。

↑それはアメリカですか。

↑YES.

・最後に全員でするグループハグが最高だ。

・心からいい気持ちになれたよ。


▼こちらはFacebookにアップロードされた全編

優しい気持ちになれる動画でした。

劣悪な環境での労働を強いられているブラジルの公務員。それはいかに過酷なものなのか、私たちの想像の及ぶところではありません。

しかしながら、ブルーノ先生のように、人のことを思いやれる優しい生徒たちに恵まれたことは教師冥利につきる幸福だと言えるのではないでしょうか。



トップへ戻る