【闇深すぎ】社畜リーマンの間で「咳止め薬」乱用が蔓延している実態「だるさ吹き飛ぶ」「これがないと会社行けない」

ブラック企業による労働問題が後を絶ちません。

先日も、80万円で派遣会社から雇ったはずの男性がおにぎりとカップ麺しか食べられない経済状況だというツイートが話題になりましたが、他方で、ZOZOTOWNの田端信太郎さんが「過労死は自己責任」という発言で炎上したばかりです。

関連記事

【SESの闇】80万で雇ったはずのプログラマーはいつも昼飯がカップ麺とおにぎりだった→理由に驚愕する・・・・・・
【SESの闇】80万で雇ったはずのプログラマーはいつも昼飯がカップ麺とおにぎりだった→理由に驚愕する・・・・・・
【炎上】ZOZOTOWN田端氏「過労死は自己責任。強制労働じゃないんだから帰ればいいだけ」wwwwwww
【炎上】ZOZOTOWN田端氏「過労死は自己責任。強制労働じゃないんだから帰ればいいだけ」wwwwwww

一日に700錠も…蔓延するせき止め薬「乱用」

そんな中、新たな問題となっているのが、「せき止め薬」の乱用です。

いったいどういうことなのでしょうか?▼

「まっ白なうんこが出るんですよ。ブロンの糖衣って白いでしょ。一度に1瓶飲むと量もハンパないから、色が残っちゃうんでしょうね」

都内で面会した会社員の男性A氏(29)は、目の下のクマをこすりながらそう話す。ブロンとは、薬局で市販されているせき止め薬の商品名。けれど、彼はせきに悩まされているわけではない。

「1瓶飲むとけっこうキマる。だるさが吹き飛んで、やる気がでる。正直、これがないと会社に行けないんですよね。だからやめるなんて考えられない」


■ブロンの有効成分であるリン酸ジヒドロコデインと塩酸メチルエフェドリンには、モルヒネに似た鎮痛作用と覚せい剤に似た覚醒作用がある。

■麻薬と比べれば効き目は弱いが、大量に摂取すれば同様の影響があらわれる。

■A氏はブロンを飲むようになって3年、「月に4万円はブロンに費やす」という重度の市販薬乱用者に。A氏のような市販薬の乱用は数十年前から存在し根深く社会に蔓延しつつあるという。

AERAdot.

なんと、仕事の疲弊感から逃れるためにせき止め薬を乱用しているという男性。しかもこのような市販薬の乱用は数十年前から存在しているという現実。

<ネットの反応>

・ヒロポン飲んでたころと変わらんな

・社畜オーバードーズwwwwwww

・ブロンが効いたのって2~30年前ぐらいまでじゃないの?

・薬局で働いてるが毎日新トニン買っていくやつ大勢いるぞ
始めは喘息か何かなのかなと思ってたけど後になって知ったら何だこの国と思った

・そこまでして会社に行きたがる理由マジでなんなの?

・マジかよ
ちょっと風邪薬買ってくる

・疲労がポンと抜けるからな

・俺も買お。暫く地獄だから、キメる。

・お、日本でもやっと表面化してきたか。

・最終的に仕事できなくなったり死んだりします

これは合法というだけで完全な薬物中毒ですね。

辛い仕事に行くために、薬を濫用してさらに体をボロボロにしながら仕事に行く、生きるために働いているはずがいつの間にか逆転してしまっている…そんな人が増えているのでしょうか?

【炎上】ZOZOTOWN田端氏「過労死は自己責任。強制労働じゃないんだから帰ればいいだけ」wwwwwww
【炎上】ZOZOTOWN田端氏「過労死は自己責任。強制労働じゃないんだから帰ればいいだけ」wwwwwww



トップへ戻る