【漫画】戦時中の恋模様を描いた漫画→遊び人の男とツンな女性を結んだ絆に笑って泣ける神展開

いつの時代でも人は恋をするものです。例えそれが戦争のさ中であったとしても。

戦時中の恋の話を懐古するおばあちゃんの漫画が、多くの人の感動と胸キュンを呼んでいます。

昔の話をしようかね

公開しているのは、葵 日向(@gennkinauma)さん。

1.

お金目当てでお見合いをしていた小鉄さん。追い返されてしまったようです。

2.

追い返されても、何度も美代さんに会いに行くメンタルはかっこいいですね!

しかし、そんな小鉄さんが・・・

3.

剣幕をあらわにしながらも、自分のところに戻ってきて欲しいと、本当の想いを涙ながらに伝えた美代さん。

その後、小鉄さんとはどうなったのでしょうか・・・?

4.

・・・と、昔話をしていたところにひょっこり帰ってきたおじいさん(=小鉄さん)。(笑)

冗談でおじいさんをいなしつつも、お孫さんのストレートすぎる質問に含みのあるお茶の濁し方をしたおばあさん。

笑って泣ける神展開に、リプライ欄では賞賛の声が溢れました。

<リプライ欄の反応>

・笑った後泣きました! 最高!

・泣きました。 帰ってきてよかった

・日向さん私を泣かせに来てる

・とても素敵です!!!

・生存したか、良かった良かった

・夜中に泣きました 最後クスッと笑いました 最高です

ラスト1Pが本当にヤバい。俺の涙腺は死んだ。

さて、気になりすぎる「泣いたかどうか」ですが、実はおまけが公開されていました!

昔のこと

美代さんが「忘れてしまった」とお茶を濁していた、小鉄さんが帰ってきた日の話です。

1.

無事に帰って来られていた小鉄さん。

2.

やっぱり!泣かないわけがないですよね!美代さんの涙にもらい泣きしそうです。

本編で我慢できた人でも、おまけで涙腺崩壊してしまった人は多いのではないでしょうか?

葵 日向(@gennkinauma)さんは、Twitterの他にPixivにも作品を公開しています。

また、同系統の作品として、ふじた渚佐さんの「螢」もおススメの涙腺崩壊漫画です▼

【涙腺崩壊】可愛げのない妻を置き去りに出征する夫。戦時中の夫婦の絆を描いた漫画に涙が止まらない
【涙腺崩壊】可愛げのない妻を置き去りに出征する夫。戦時中の夫婦の絆を描いた漫画に涙が止まらない
トップへ戻る