【動画】「世界最悪の線路」がヤバすぎる→脱輪しながら走り続けるオハイオ州のガタガタ線路wwwwwww

日本の整備が行き届いた線路ではありえないようなことが、海外では起こります。

脱輪なんて日常茶飯事って言ったら・・・信じられますか?

オハイオ州の世界最悪の線路

問題の線路はナポレオン・ディファイアンス・アンド・ウェスタン鉄道がオハイオ州で管理しているもの。この線路にはなんと50年以上もメンテナンスされていない区画があるのだそう。

こちらが話題の動画▼

0:49あたりから、後部の車両が脱輪しています。



メンテナンス不行き届きとなった経緯

ここまでずさんな管理になってしまったのには理由があるそう。

南北戦争の影響で、この線路が本格的に運営され始めたのは1870年後半になってから。当初の運営会社がこの路線を別の鉄道会社にリースすることになり、1959年の時点でメンテナンスを停止。この時点で、土壌が湿地帯であったことなどにより既に改修が必要な状態だった模様。

その後も、この線路は短いスパンで何度も持ち主が交代。また、路線の需要がそこまで高くないことも災いして、改修やメンテナンスは一切無し。そうこうしているうちにも線路の状態は悪化の一途を辿り、修理にかかるコストは増加。

しかし、その膨大なコストをカバーするだけの収益は得られず。それでも完全に閉鎖してしまうのは困るということで、現在も使い続けているのだそう。

廃線になるのが先か、事故が先か、といったところでしょうか・・・。

(参照元:DELAY IN BLOCK PRODUCTIONS



トップへ戻る