【驚愕】95万6千本のマッチ棒で作られたF1マシンがすごすぎるwwwwwww

一見すると単なる木造のように見えるこのF1の模型。実は95万6千本ものマッチ棒で、気の遠くなるような作業の末、組み立てられたもの。

製作過程などの写真もご覧ください。

95万5千本のマッチ棒で作られたF1マシン

フルスケールのマクラーレン・メルセデス MP4/14 レプリカ

基本的に使う材料はコレだけ。しかし使用した接着剤は1686本、経費は6000ユーロ(約95万円)

火薬の部分がひとつでも燃え出した瞬間に、キャンプファイヤーの薪になってしまうので、頭は切り取るようです。



タイヤの製作。ただくっつけるのではなく枠組みから。軽量化への美学を感じます。

生活のほとんどを捧げたそうです。何が彼をここまでさせるのでしょうか。

タイヤが完成。ホイールまでしっかり作りこんでありますね。

パーツを配置



アップでみないと、マッチで出来てるとはとても思えない綺麗なライン。

庭で記念撮影。奥さんや彼女の理解が無いと難しいでしょうね。

ハンドルも再現されてます。本格的で格好いい!

(参照元:Pakwheels.comJALOPNIK

トップへ戻る