【ヤバイ】喫煙者と非喫煙者の肺を比較した動画→色だけでなく収縮力が段違い・・・

タバコが体に害を及ぼすことがわかっていても、やめられない人は多いでしょう。

しかし、この動画をみたら、明日から禁煙しようかなと思うかもしれません。

喫煙者と禁煙者の肺を比較

先月、米ノースカロライナ州に住む看護師アマンダさんが、喫煙者と禁煙者の肺を比較した動画を公開し、爆発的に拡散されています。

▼こちら

「20年間1日1パック喫煙したがん性の肺」VS「禁煙者の肺」
これでもまだタバコを吸いますか?

色がかなりグロテスクなことになっています。それだけでなく、収縮力が段違いなのがおわかりいただけたでしょうか?

1本のタバコに含まれるタールの量は微量でも、1日1パック吸うと1年間でコップ1杯分のタールを体内に入れることになる。20年喫煙し続ければ、コップ20杯分のタールが蓄積するのだそうです。

非喫煙者の肺胞は均等に膨らみ、広げられた肺胞は時間をかけて元に戻る。しかし、喫煙者の肺胞は不均一に膨らみ、エラスタンスと呼ばれる弾力性がないため、すぐさま収縮してしまうそう。



日本の男性喫煙率、ピークの1/3まで減少

▼ちなみに、日本人男性の喫煙率は年々減少傾向にあるようです。

日本たばこ産業が毎年実施している喫煙者率調査によると、2017年の日本人の平均喫煙率は男性が28.2%女性は9.0%だった。

男性の喫煙率は約3分の1まで減少したが、世界的に見るとまだ決して低いとは言えない水準にある。世界保健機関(WHO)の「世界保健統計2016」では、日本の男性喫煙率は128カ国中60位で、G7各国の中では最も喫煙率が高かった。

nippon.com

しかし、煙草も酒もやっていても長寿の人がいることもまた事実なのですが・・・

【知ってた?】世界最高齢は146歳「今の望みはただ死ぬこと(生前)」
【知ってた?】世界最高齢は146歳「今の望みはただ死ぬこと(生前)」



トップへ戻る