【漫画】夜食にフライドポテトを揚げた男性、油の過熱で空中に炎が現れたという実話が恐ろしすぎる・・・・・・

フライドポテトにハマっていたという男性。

夜食に揚げようと思い立ったのですが、想像だにしなかった恐ろしい事態に見舞われたという体験談が話題となっています。

火事になりかけた想いで

漫画を公開したのは、をぎくぼ虫さん(@wogikubomushi)。火事になりかけたといいます。

深夜にポテトを揚げるという暴挙が習慣化していたをぎくぼさん。

しかも今すぐ食べたかったそうです。

フタをすれば早まると思ったをぎくぼさん。しかし・・・

フタをあけた瞬間に烈火のごとく立ち上った炎。熱い蒸気と化した油に引火したものと思われます。



宙に浮いた炎が強すぎて、周りのものを溶かし始めます。

パキパキ…メキュメキュ…という音が怖すぎるw

なんとキッチンマットにぶちまけてしまいます。

なんとか全ての洗濯物を火の上に被せて消火に成功したをぎくぼさん。

<リプライ欄の反応>

・ひぇ…(´・ω・`)

・テレビでみたのですが天ぷら鍋の火災は濡れた布を鍋に被せて窒息消火するのが有効らしいですね 同じ状況になったときに冷静にそれができる人間がどれだけいるかですが…

・こういう時はサラダ油自体が発火点を迎えて発火しているので、身近で1番良い方法は、濡れバスタオルを掛けて、コンロの火を切ることです。消火したと思って直ぐにバスタオルをバグると、油温が下がっていなければ、また再度発火するので注意が必要です。

・消火器を買って自宅に置くと夜中にフライドポテト揚げれますよ、火災報知機の設置もお願いします(あの状態で火報働いてないってことはつけてないか電池切れていますので)

・外から失礼します 同じ事をして(蓋すりゃ早くあたたまるだろー的考え)、火柱を上げた事があります… 無事でよかったです…

・無事で何よりです。こぼす前でしたらガス火を止めてもう一度蓋をすれば窒息消火出来ますので頭の片隅に置いてもらえれば幸いです。

・もし再び遭遇したならフライパンで蓋をして上に水をある程度入れて冷めるまで待つと言う方法もあります

塗れたバスタオルやフライパンなどで再度フタをすれば消火できたとのこと。

覚えておけばいざというときに役に立つかもしれません。



トップへ戻る