【中国】数百万台の放置自転車の墓場。芸術的にすら見えてくる画像集・・・

ここ数年、世界規模で広がりを見せている自転車シェアリング。特に中国では多くの企業がこのサービスを展開しており、気軽に乗り捨て可能なシステムが主流になっている。

しかし現地では、おびただしい数の違法な放置自転車があふれ。都市部では使い物にならず、行き場もないシェアサイクルのカラフルな墓場があちこちにできているようだ。

中国・自転車シェアリングの闇

海外メディアによると、中国には70社以上もの自転車シェア企業があり、およそ1600万台の自転車が1億3000以上のユーザーに利用されているという。

中国では登録車をスマートフォンで開錠し、路上のどこにでも乗り捨てできる(ドックレス)システムが主流だ。

気軽に使えるシェア自転車は、混雑した公共交通機関を避け、環境にやさしい移動ができ、旅費の節約にもなるため、ユーザーにとって非常にありがたい存在になっているという。
だが、現状では多くの都市で設備が整っておらず、数百万台もの自転車があふれかえっている。

2_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

4_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

5_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

6_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

7_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

3_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

8_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

10_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

11_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

12_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

13_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

14_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

15_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

16_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian



あふれた自転車を無くす方法を検討

町では壊れたり使い物にならなくなったり、でたらめに置いた駐輪車が歩道をふさいでいる。そのため最近は廃業する企業も出ており、専用サイトやアプリが停止してしまったところもあるようだ。

9_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

通りに放置された数千台もの自転車は破壊や悪用を招いてしまう。だが、すでに自転車の山は多くの都市で見慣れた風景になりつつある。

17_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

18_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

19_e

image credit:Chen Zixiang for the Guardian

そして今、当局や公的機関および既存のシェア自転車会社が、この新たな事業の失敗から学び、深刻な飽和を避ける道を模索しているという。

(参照元:amusingplanet

トップへ戻る