強風で看板が直撃した地下アイドル・猪狩ともかさん、脊椎損傷で半身不随に・・・

2018年4月11日、アイドルグループ『仮面女子』の猪狩ともかさんが不慮の事故に遭いました。

この日は日本全国が強風に襲われており、猪狩さんは東京都内を歩いていました。

その時、突風によって巨大な木製の看板が倒れ、猪狩さんは下敷きに…急ぎ救急車で搬送され、ICU(集中治療室)で手術を受けました。

事故によって瞼裂傷や頭部挫創、脚や肋骨、胸椎、腰椎の骨折という大ケガを負い、猪狩さんは現在も入院生活を送っています。

今後は車椅子での生活

出典:猪狩ともかオフィシャルブログ

5月7日、猪狩さんはブログを更新。

投稿によると、両足が治る可能性は極めて低く、今後は車いすでの生活を余儀なくされるといいます。

ずっと心配してくださっている皆さんにまずは早く「私、大丈夫だよ!」って言いたくてもどかしい日々が続きました。

でも私自身、状況を把握・受け入れるのに相当な時間が掛かりました。

なんて伝えたらいいんだろう?

私も時間をかけて受け入れたのに、いきなり【脊髄損傷】という事実を文字にして伝えたとき、応援してくださっている皆さんに更に悲しい思いをさせてしまうんじゃないか…。

自分自身が受け入れることに時間がかかったこと、ファンの皆さんに何とお伝えしたらいいか分からなかったこと、そんなことを考えていると、なかなか文章にまとめることができず、ご報告が遅くなってしまいました。

ごめんなさい。

猪狩ともかオフィシャルブログ



出典:猪狩ともかオフィシャルブログ

入院生活を送るにつれ、体調やケガは徐々に回復したため、現在は自立した車椅子生活を送れるよう毎日リハビリに励んでいる猪狩さん。

このような状況を猪狩さんは受け入れ、新しい目標を打ち立てました。それは『仮面女子の曲を作詞すること』『ラジオや講演、司会などの仕事をすること』『大好きな野球に関わる仕事をすること』。

そして、『いつか奇跡が起こり、再びアイドルとしてステージで踊ること』でした。

夢が叶うよう、健闘を心よりお祈りします。

(参照元:猪狩ともかオフィシャルブログ

トップへ戻る