下半身を失った魚、約半年以上も生存し続ける・・・

タイの観賞魚店に、奇妙な魚が展示されているという。

なんとその魚には下半身が無いのだ。事故によって骨折をし、その後下半身が腐敗して無くなってしまったのだそう。しかし、事故から半年程が経過しているにも関わらず、この状態で生存しているという。

下半身を失った状態で、生き続ける魚

その魚がいるのは、タイのバンポン地区にある観賞魚店。

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

こちらが、その観賞魚店

その店主によると、問題の魚は「イエローフィンバルブ」などの流通名で日本でも観賞魚として販売されることのあるコイ科の魚(Hypsibarbus malcolmi)。

観賞魚として販売していたそうだが、半年ほど前に落下が原因で背骨を骨折してしまったという。その後、骨折箇所から腐敗しはじめ、ついにはちぎれて無くなってしまったのだそう。

日本でも活け造りなどで、体を包丁で捌かれても頭部だけで動いている魚を見たことがある人もいると思うが、通常そのような状態では数分で息絶えてしまう。

しかし、その魚は何故か死ぬことなく、現在まで半年ほども生き続けているのだ

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

こちらがその魚。完全に死んでしまったように見える

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

しかし、生きているのだ

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

背びれから尾びれの部分が無いのだ

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

こちらが断面



骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

背骨を骨折後、体が腐り、ついには無くなってしまったのだそう

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

なぜ生きているのかは誰にもわからないという

骨折が原因で体が半分になった魚 下半身を失った状態で約半年も生存し続ける!

こちらは通常の個体

(参照元:Matichon Online

トップへ戻る