【中国】生きたまま袋詰めされた「食用犬」、命拾いする・・・

その日、中国の路上店を覗いたシンガポール出身の男性は、店先に並んでいた一匹の犬を見つけました。しかし、その犬は野良犬でもなければペット用として売られていた訳でもなく、生きたまま袋に詰められ”食材”として売られていた犬でした。その姿を可哀相に思った男性は、約1万円を支払い食用犬を購入。その犬に「ドッゴ」と命名し、ペットとして飼うことに決めたのでした。

命拾いしたドッゴ

ペット禁止の家に住んでいた男性は、勤務先でドッゴを飼うことになりました。現在、すっかり元気を取り戻したドッゴは、時には会社内でイタズラをしながら自由気ままな生活を送っているそうです。

路上店の店主とドッゴ

ビジネスのためなら動物の命も平気で蹂躙する恐ろしい中国のビジネス。

ともあれ無事で良かったねドッゴ!

トップへ戻る