【漫画】「よく泣く人」がその辛い胸中を告白。生理現象のために受ける偏見と軋轢

イラストや漫画を描いているam(@rrrucon)さんがTwitterに投稿した、社会生活での「泣くことについて」のエッセイ漫画がさまざまな反響を呼んでいます。

amさんの悩みは、いろんな場面・高い頻度で泣いてしまうこと。音楽に共感したり感動して涙するようなことから、悲しかったり辛かったりすることでも泣くことが多く、後者は仕事場などで大きな悩みの種となっています。

泣くことについて

大人になってからも、自らをとても涙もろい人だというamさん。

涙もろいことそのものを自身でも悩んでいるとのこと。

質問投稿サイトでは、「涙もろい人」を非難する声が圧倒的多数で、ベストアンサーになっていたことにショックを受けます。

彼らは決して弱いからではなく、「泣くことによる弊害に悩んでいる」のでした。



泣くこと自体を怒られると、泣くことで感情をコントロール→泣くことをとがめられる→さらにストレスが蓄積→より涙が出るという悪循環に陥るのだといいます。

リプライへの回答


amさんは、上記の漫画についたリプライに対して、さらに漫画で回答。

同じような悩みを持つ人が存在していることに気付いたといいます。

泣かれてしまった経験のある人・泣けない人・昔は泣き虫だったが泣けなくなった人

それぞれの声を参考として挙げています。



またそれらを元にケーススタディを提示。

また、amさんがこれら漫画でどうしても伝えたかったのは、理解してもらいたいという一方的な気持ちではないといいます。

同じような悩みを持つ人のみならず、涙もろい人が身近にいる人にとっても非常にためになる漫画だったのではないでしょうか。

トップへ戻る