【漫画】好きな映画やアニメへの悪評はどこから生まれる?純粋に楽しむことを啓発する漫画が話題に

「好きなものへの悪評」に揺れない心を題材にした2本の4コマ漫画にTwitterで注目が集まっています。描いたのはマンガ配信サービスGANMA!で『外れたみんなの頭のネジ』を連載中の漫画家、洋介犬さん

「好きなものへの悪評」に揺れない心セット

1つ目の漫画では、アニメを鑑賞中の男性が。

鑑傷-カンショウ-

気づいたら、楽しむことも忘れてアラ探しばかりをしていた男性。

誰もがネットで平等に意見できるようになった現代では、誰もが陥る可能性のあることで、身につまされます。


2つ目は、ネットでの評価について。

感情アイデンティティ

つまらなかったというネガティブな評価に対して、面白いと感じた純粋な気持ちを抑え込んでないがしろにしてはならないという男性の意見。

単純でありながらも、大切で忘れがちなことを教えてくれる2作品でした。

(参照元:洋介犬

トップへ戻る