【続報】米スタバでの黒人男性逮捕騒動、とんでもないことになる・・・

「スタバで人を待っていた黒人男性が、何も注文してないという理由で従業員に通報された」として、警察に逮捕される様子を写した動画がSNSで話題になり、米スターバックスが謝罪しましたが、予想以上の炎上を続け、ついに米スターバックスが全店の一時閉鎖を発表する事態にまで発展しました。

関連記事

スタバで友達を待っていた黒人男性、”まだ注文していないから”という理由で逮捕される


黒人逮捕騒動の波紋

アメリカのスターバックスで、注文をせず友人を待っていたとする黒人男性2人が、店側の通報で一時逮捕。



この動画がSNSで拡散すると、スターバックスの謝罪もむなしく抗議デモが広がりました。

抗議デモは、「#BoycottStarbucks」のハッシュタグで不買運動が広がったほか、実際の店舗の中でもデモが発生。

 米スタバは研修の実施を発表

これら問題を受けて、米スターバックスは、5月29日、全米の直営店を閉鎖し、17万5千人の従業員に対して人種問題に関する研修を実施することを発表しました。

これにより発生すると見られる損失はおよそ20億円と試算されています。

スタバにとっては正念場となりそうです。

『【続報】米スタバでの黒人男性逮捕騒動、とんでもないことになる・・・』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2018/06/17(日) 09:30:49 ID:78625e1fe 返信

    白人に対しても同じことをしてるんであれば人種差別ではない。
    その通報した従業員にその実績があれば死ぬほど擁護出来るんだがなぁ。
    通報がやり過ぎ。
    客は注文しろ。
    人種差別と騒ぐなカス。
    の三点かな。

トップへ戻る