【動画】竹馬を足に縛り付けて踊る南米の伝統がすごいと話題に!

動画で紹介されているのは、エイドリアン・ヤングさんという男性、そして彼の元で竹馬のトレーニングを積んでいる子供たちだ。トリニダード・トバゴ共和国では、高い竹馬に乗りながら踊る伝統が昔から伝わっている。日本のものに比べてはるかに高い竹馬は、村を見守る西アフリカの神にちなんで「モコ・ジャンビー」と呼ばれるそうだ。

トリニダード・トバゴの伝統を継承

なんでもエイドリアンさんは竹馬歴21年にもなるそうで、昔から伝わる伝統を継承していくために、「Future Jumbies:フューチャー・ジャンビーズ」と呼ばれる子供たちにテクニックを伝授しているのだとか。

竹馬には靴が固定してあり、まずは約30センチの高さの竹馬で練習をスタート。たった30センチといっても、日本で使われているような両手で棒をつかんで歩くタイプとは違い、足に装着するだけのハンズフリースタイルでバランスを取らなければいけないのでかなり難しそうだ。

エイドリアンさんは、竹馬を学ぶ哲学について「落ちる恐怖感を克服しなければならない。落っこちなければ何も学べないからね」と語る。ちなみに先生であるエイドリアンさんは、3メートルもの長さの竹馬に乗って踊れるそうだ。


まるでサーカス

高さに慣れた子供たちは少しずつ竹馬の足の長さを伸ばしていくそうだが、スゴいのはサーカスのような動きで踊ること。リンボーダンスをしているかと思えば、膝を曲げたり脚をツイスト。

エイドリアンさんは「モコ・ジャンビーの醍醐味は、僕が教えたチームが最高のパフォーマンスを見せてくれる時だ」と語っている。

トップへ戻る