【閲覧注意】6歳の少女が2頭のピットブルに襲われ顔面を激しく負傷

世界最強の闘犬として知られる犬種・ピットブル。彼らが人を襲うとき、それはすなわち取り返しのつかない結果を招きます。

少女の顔面に噛みつく

アメリカ・フロリダ州在住のゾイちゃん(当時6歳)は、ある日屋外を歩いていたところ、飼い主の制止を振り切って迫ってきた2頭のピットブルに襲われ、顔面に酷い傷を負ってしまいました。その後、数多くの病院で皮膚の移植手術や再生手術を施されてきたゾイちゃんですが、現在でもその傷跡は生々しく残っています。

※以下、傷ついた少女のショッキングな画像があります。ご注意下さい。



事故当時は、ゾイちゃんはヘリコプターで病院へ救急搬送されるほどの重症だったのだそうで、一時は命を落としかねない危険な状況にあったのだとか。更には、事故のショックから、数ヶ月に亘ってPTSD(心的外傷後ストレス障害)に苦しまされていたのだそう。現在は、長いリハビリを生活を続けたことで、少女らしい笑顔を見せるようになりました。


ゾイちゃんの家族は、今後も継続的な治療が必要な彼女のために、クラウドファンディングサイトで彼女の手術費用の寄付を募っており、クラウドファンディングがスタートしてから約1年で、彼女の元には約316万円の寄付金が集まっています。

ゾイちゃんへの募金ページはコチラ→gofundme



トップへ戻る