【動画】ジャミロクワイ「Virtual Insanity」をVRの楽器で演奏してみた動画が未来的すぎる!

名曲『Virtual Insanity』をカバーしたのは、シンガーソングライターのチェイス・ホルフェルダーさんだ。動画を再生すると、冒頭からさっそくホルフェルダーさんが登場。グリーン色の部屋に入り、VR専用ヘッドマウントディスプレイを装着すると……

“Virtual Insanity” Performed in Virtual Reality (Jamiroquai Cover)

突然、部屋にキーボードや電子ドラムといった様々な楽器が出現!! ホルフェルダーさんは次々と楽器を演奏していき、やがて素晴らしい歌声で『Virtual Insanity』を歌い始めるのだった。




動画の解説文によると、このカバー曲はVR専用ヘッドマウントディスプレイ「HTC Vive」の仮想現実上にある楽器やサウンドだけで作られているという。つまり、その場に実在していない楽器で演奏されているというわけだ。

テクノロジーに支配されることを憂いた曲を、VR技術で演奏してしまうとは、何ともシニカルでクールな動画です。

トップへ戻る